ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.12.7

選手宣誓

ヨシダグループ会長兼CEOの吉田潤喜氏の心に響く言葉より…

中学で空手をはじめたのも、強くなりたい一心から。
肩で風を切ってガンを飛ばしながら街を歩き、毎日ケンカに明け暮れた。
学校での呼び名は「創立以来の、ごんたくれ」。
泣く子も黙るワルだった。

そんな僕を魅了したのが、中学3年のときに開催された東京オリンピックで見た、アメリカだった。
僕はなぜかアメリカ人の勝利が眩(まぶ)しく見えた。
アメリカこそが強い国。
そんな意識が植えつけられてしまったのだ。

大学受験に見事失敗して(それも英語で!)、強い国アメリカを目指したのは、ごく自然な流れだった。
シアトルに暮らしはじめて2、3ヶ月は、中古で買った車で寝泊りしていた。
やがてガーディナー(芝刈り)のアルバイトを見つけ、
裸電球がぶら下がった家賃30ドルの安アパートに住むようになった。
空手の授業で助手に見込まれ、賞金稼ぎの空手トーナメントにも出場することが、生活の糧になっていた。

アメリカに来て2年ほど経った1971年、空手の道場をひらいた僕はリンダと出会う。
一目惚れして、押しに押して2週間後にプロポーズし、成功した。

世の中が不況にあえいでいた1981年。
子どもを抱えているのに、空手道場の生徒数が激減し、我が家の財政状況は火の車だった。
このとき母が昔よく作ってくれたソースをクリスマスプレゼントとして生徒たちに贈ったところ、
それがやがてビジネスになり、僕ら家族を救ってくれた。
これが「ヨシダソース」のはじまりだ。

しかし順風満帆なことばかりではなかった。
現在に至るまで4回破産しかけて、自らのこめかみにピストルを突きつけたこともある。
失敗の数なら、誰にも負けない。

ソースを作り始めて間もない頃、
銀行から借金した3万ドルをとある事情で60日以内に返済しなければいけなくなった。

経営の素人の僕がやったのは、「1万本」と紙に書いて、工場のあちこちに貼ることだった。
誰にみせるわけでもなく、自分の目につくところに貼ったまでのことだが、とは言え、
工場のトイレや、空手道場にも貼り出したものだから、生徒たちも「1万本ってなんやねん?」と騒ぎ出した。

なんてことはない。
3万ドルを返すためには、2ヶ月でいつもより1万本多くソースを売ればいい。
そこで自分にスイッチを入れるために、そこかしこに紙を貼ったというわけだ。

すると自分が本気になると同時に、僕の必死な姿を見て、周りの人まで動き出した。
空手道場の生徒たちはアドバンス・パーチェス(前払い)をしてソースを買ってくれたり、
従業員は家の近所で売ってくれたり…。
おかげで、目標の1万本はあっという間に達成された。

やりたいことや、こうなりたいという理想を口に出したり書いたりするのは、選手宣誓のようなもの。
自分と周りの人間に宣言することで、自分を奮い立たせれば、
そのエネルギーは周りにも波及し、多くの人が力をくれる。

ホラ吹きと言われたっていいじゃないか。
人に宣言することで、考えられないほどのエネルギーが湧き出てくることがあるのだから。

『ヨシダソース創業者ビジネス7つの法則』ディスカヴァー


吉田氏は、アメリカのソース王と呼ばれ、イチローの次に有名な日本人とも言われている。
そして、無一文から、18社を作り、約250億の企業グループに成長させた。

夢や目標は密かにひとりで見ているだけでは、成就しない。
紙に書いたり、まわりに宣言するからこそ、本気になり、まわりからの手助けもある。

「借金返済」というようなマイナスの夢は、かえって借金を引き寄せることがある。
夢は、「○○円を稼ぐ」、「○○本売る」、というような、ポジティブな発想の方が実現しやすい。
なぜなら、「借金」という言葉が、脳にインプットされてしまうからだ。

なんど失敗しても、あきらめなければチャンスは必ずどこかにある。
たとえ崖っぷちに立たされても、成功をイメージし、それを人に宣言することで、
自分を奮い立たせて前に進みたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る