ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.11.26

スランプ対処の極意とは

日本将棋連盟会長の米長邦雄氏の心に響く言葉より…

スランプという不運な状況は、誰にでも訪れるものである。
しかし、よく観察すると、スランプとは呼べないケースが少なからずあることに気づく。

それは、そもそも実力がない、というケースである。
本人が持っている能力をすべて発揮しても、なお勝てないのは、「弱い」からである。

これをスランプだと勘違いすると、そのまま立ち直ることなく終わってしまう。
まずは、自分に力が足りないことを現実として受けとめ、弱いのだと自覚し、
それから勉強の仕方を変えて一からやり直していくべきであろう。

では、本当のスランプとはどういうものなのか。
それは、自分が持っている能力を全部出しきれない場合である。
本来は実力があるのに、「あんな相手に負けてしまった」「勝率が落ちてしまった」といったことである。

これに気づくのは、強い人、実力のある者ほど早い。
手当ても簡単にすませることができる。

その処方箋は人によってさまざまであるが、一般的なやり方としては、自分に関してあらゆる面を
点検し、何がいけないのかを突き止め、直すべきところは直すことである。

スランプを引き起こした何らかの原因を真摯に反省し、生活を改めるのである。
しかし、即効性があるとはいえない。

では、即効性のあるスランプの特効薬とは何か。
それは「笑い」である。
これは、スランプへの対処法として極意ともいえる。

好きなことを思い切りやって、腹の底から笑い、頭の中をからっぽにすると、
すっきりとした明るい気分になり、スランプであること自体を忘れてしまうものである。

『不運のすすめ』角川oneテーマ21


明治の文豪、夏目漱石は、神経衰弱やうつ病を患っていたという。
それを治すのにおこなったのが、寄席で落語を聞くこと。

「パニック時の特効薬は笑い」、と言ったのは、危機管理のスペシャリスト佐々淳行氏。
危機管理の専門家たちは、洋の東西を問わずみな、ブラックユーモリストで、
とんでもないときに、みんなを笑わせるという。

笑いは、恐怖や緊張を紛(まぎ)らわせ、
絶望の底に沈んでいる人でさえ、よみがえらせることができる。

「笑いはすべてを癒す」
どんなときでも、ユーモアを忘れず、笑い飛ばしてしまう、どこか突き抜けた人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る