ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.11.10

どこのどなたか存じませんが

小林正観さんの心に響く言葉より…

夫婦ゲンカをする人は、これは自分の妻だ、これは自分の夫だ、という誤解をしています。
その人は自分の身内で家族であるから、何をいってもいいと思っているのです。

でも、仮に隣のおじさんが毎月給料を運んでくれていると思ったら、文句を言ったりしないでしょう。
「どこのどなたか存じませんが、毎月、毎月私たちの家族が食べられるようにしてくださって、
ありがとうございます。
経済的に困らないようにしてくださって、ありがとうございます」
とただ手を合わせて感謝するしかありません。

「たまの土曜日くらいは、子どものキャッチボールの相手をしてよ」
と疲労困ぱいして帰ってきた夫に向かって、こう言ってしまう妻がいるようです。
隣のおじさんだったら感謝しかないのに、自分の夫であると、
なぜそんなにイヤみばかりを言ってしまうのでしょうか。

夫の側からすると、どこのどなたかわからないおばさんが、
朝知らないうちに現われて、食事をつくってくれる。
朝起きると味噌汁から湯気が立ち上っている、
夕方帰ってくると夕食を用意してくれているなんていうことは、有り得ないことです。

他人だったら、手を合わせて感謝するのに、なぜ夫や妻には感謝しないのでしょうか。
それは、家族という名の甘えでしょう。

原点に立ち戻って、というより、原点よりずっと前のほうまで戻って、
夫も妻も、「この人は、もともとは他人だ」ということを認識する。

そして、この他人の男性が私に対して、たくさんのことをしてくださることに感謝。
他人の女性が私に対して、たくさんのことをしてくださることに感謝。

『すべてを味方 すべてが味方』三笠書房


夫婦の間だけでなく、会社でも、親しい友人でも、人間関係には、必ず甘えが存在する。
「甘え」とは、慣れてしまって、お礼のひとつも言えず、逆に、毒づいたり、嫌味をいったりすること。

会社では、給料を払っているのだから、言われた仕事をするのは当たり前。
夫が、毎晩、家に帰ってくるのが当たり前。
妻が、食事や洗濯をしてくれるのが当たり前。
友人が、一緒に食事をしてくれ、話を聞いてくれるのが当たり前。

どんな親しい人であっても、元々は「縁もゆかりもない人」なのだ、と思ったとき甘えはなくなる。
そして、「当たり前」の出来事は、本当は奇跡のような有りえないこと、と得心したとき、そこに感謝が生まれる。

当たり前の幸せに、心から感謝できる人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る