ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.11.8

それでも僕は好きなんだ

内藤誼人氏の心に響く言葉より…

アメリカの南北戦争時の指導者に、ロバート・E・リー将軍という人物がいた。
ある日のこと、リー将軍は、ある人のことをどう思うかと尋ねられたことがある。

それに対して、「とても立派な人だと思いますよ」と将軍は静かに答えた。
ところがその人は、「でも本人は、あなたの悪口を言っていますよ。それをどう思いますか?」
と重ねて質問してきたのである。

このときのリー将軍の答えは、絶妙なものであった。
「あなたの質問は、相手が私をどう思っているかではなく、
私が彼をどう思っているかだったではありませんか?」
と答えたのである。
相手の誘いに乗らず、他の人について悪いことを言わなかったのだ。

他人についての評価を求められたとき、ついうっかりと「あいつは最低だ」とか、
「あいつは生意気だ」などと軽々しく口にしてはならない。
壁に耳ありとはよく言ったもので、あなたが悪口を言っていたことは、
ちゃんと本人にも届けられてしまうからである。
しかも、悪い方向に歪曲されて伝えられるのだから、たまったものではない。

「う〜ん、悪い人じゃないんだけどね」といったあいまいな返事をしておくと、
必ず悪意のある歪曲を受けてしまう。

きちんと「悪い人じゃない」と否定しているのに、
「悪い人だと思う」「彼は悪人だ」などと人づてに話が大きくなってしまって、
本人に届けられるときには、「殺してやりたいほど憎たらしい」というレベルにまで発展してしまう
ことが、少なくないのである。

かりに相手が悪口を期待していても、まんまそれに乗っからないということを信条にしておくと、
人間関係での軋轢(あつれき)はずいぶん減らせるものだ。

世の中には、あなたと友だちの仲を引き裂くようなことをしてくる人もいるが、
「それでも、僕はあの人が好きなんだ」と静かに答えておいたほうがいいことも覚えておこう。

『他人を動かす質問』大和書房


世の中には、悪口を引き出そうと、巧みに引っ掛ける、悪意を持った連中がいる。
仮に悪意はなく、無邪気な質問だとしても、結果としてそれは、
その人の人間性を貶(おとし)める発言となってしまう。

質問者の心の底に、僻(ひがみ)みや、妬(ねた)み、恨(うらみ)といった、
邪(よこし)ま考えが少しでもあるからだ。
それが、「悪魔のささやき」。
天真爛漫(らんまん)で、太陽のように明るくて、満ち足りている人は、意地悪い質問などはしない。

「邪は邪を呼び、誠は誠を呼ぶ」

たとえ、「彼が悪口を言っているよ」と言われようと、「それでも僕は好きなんだ」といえる人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る