ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.10.23

遠回りしたことで得るもの

サッカーの三浦知良氏の心に響く言葉より…


「学ぶことを知っている人は 誰のせいにもしない」

学ばない者は人のせいにする。
自分に何が足りないかを考えないから。
学びつつある者は自分のせいにする。
自分に何が足りないかを知っているから。
学ぶことを知っている者は誰のせいにもしない。
常に学び続ける人でいたい。
(2010年11月サッカー選手のあり方について語った言葉)


「たった1センチでもいい 前に進もう」

失敗して、考え悩むこともあるだろうけど、立ち止まっていてはいけない。
一気に100メートルも進まなくていい。
1センチでもいいから前に進もう。
過去のことなんてどこかにしまって、今をしっかりと歩むことが大切だ。
(17歳のとき、ブラジル時代の恩人から教わった言葉)


「遠回りをしたことで 得るものもある」

いくら調子が良くても、そのときの状況でうまくいかないこともある。
つらいことだが、腐らずに自分自身を見つめ直すことがとても重要だ。
遠回りした経験が財産となり、前を向いて進むための原動力になる。
(2010年9月、試合に出られなった若手選手への言葉)

『KAZU魂のメッセージ 底力』PHP


どんなに、順調に見える人であっても、好調のときもあれば、不調のときもある。
しかし、あとから振り返ってみると、その不調や苦しみのときの経験が、今に役立っていることは多くある。

不調のさなかにあるときは、それがいつまでも続くと思ってしまう。
しかし、どんなに絶不調であっても、いつかは必ず上向く。

谷があれば、山もあるのだ。
谷にあるときの過ごし方は、自分の実力を磨き、基本的な力をつけることに使うこと。
高望みしたり、背伸びして、無理に山に登ろうとすることではない。

不調のときは、コツコツと実力をたくわえ、腐らずに待つこと。
そうすれば、いつか必ずチャンスはやってくる。

人生には時として、遠回りも必要だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る