ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.10.16

運がいいと思っている人

斎藤茂太氏の心に響く言葉より…

ロンドン近郊にあるハートフォードシャー大学の心理学教授グループが行った
興味深い実績があるので、紹介しよう。
彼らはまず、「どちらかというと自分は運がいい」と思っている人と、
逆に「どちらかというと運が悪い」と思っている人を50人ずつ集めた。

そして被験者たちに、アニメのキャラクターがコインを親指ではじく映像を見せ、
表がでるか、裏がでるかを当てるゲームに挑戦してもらった。
この実験を繰り返し、「果たして、自分は運がいいと思っている人のほうが、
運が悪いと思っているより、当てる確率は高いか」を調べようというわけだ。

結果、両グループとも当たる確率はほぼ同じ。
自分が運が悪いと思っている人も、実はそれほど運が悪いわけではないことがわかった。

では、彼らはどこがちがうのか。
実験ではさらに、被験者にそれまでの人生を振り返ってもらうというインタビュー調査を行った。

これで判明したのは、運がいいと思っている人は“いいこと”が起きたときのことをよく覚えていて、
運が悪いと思っている人は、“悪いこと”が起きたときのことばかり思い出す傾向が強いことだ。

私の知り合いに「負けはカウントしない」と豪語している人がいる。
彼などは「いいことだけを覚えている」典型だろう。

つまり、研究で出た結論は、
「運がいいと思っている人は人生に対する態度が肯定的だから、
積極的に行動するし、望んだ結果を得やすい。

逆に、運が悪いと思っている人は人生に悲観的で、
何事につけてもあきあらめるのが早い」ということだった。

『グズをなおせば人生はうまくいく』大和書房


人生がうまく行くかいかないかは、どこに焦点をあてるかだ、と言われる。
どんな事象にも、コインのように裏があれば表もある。
車をぶつけてしまって「ツイてない」、と思う人もあれば、怪我をしなくてよかった、「ツイてる」と思う人もいる。

運がいい人は、過去に起こった「いいこと」しか覚えていない人。
同様に、過去に起きてしまった「悪いこと」しか覚えていない人は、運が悪い人なのだ。

同窓会などで、「あの時は楽しかった」「こんな面白いことがあった」と楽しかったことばかり話す人の
まわりは、笑いと笑顔に囲まれる。

90歳をすぎたとき、宇野千代さんは「私のしあわせ人生」(集英社)の中でこう言っている。
『「私はとても運の強い人間なんですよ」という癖がある。
自分ではあんまり苦しんだり、努力したりとは思っていない。
みな、忘れてしまったのかも知れない。
忘れると言うことも、とてもよいことですよ』

悪いことや嫌なことは、さっさと忘れ、いいことだけを覚えている人生でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る