ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.10.11

アイデアを出す人は前向きな人

本田宗一郎氏の心に響く言葉より…

いちばん大切なことは、前向きの姿勢、意思があるかないか。
その大事な条件は自分のアイデアによって支えられ、行動しないと意思は働いてこない。
自分でやってみて、反省する。
これが大切だ。

自分のアイデアを出さずに、意思があるとかないとかいうのはくだらない。
一日二十四時間、いかにエンジョイするかが問題なんです。
働くことにエンジョイを求められるかどうかは自分次第だ。
自分のアイデアで仕事をしていけば、仕事もエンジョイすることができる。
また、そういう人間は苦痛もエンジョイすることができる。

アイデアが出ない人はエンジョイできない。
面白くないということを人のせいにするなんてばかげている。
前向きの姿勢ということをいったが、それは、人のためでなく、自分のためなんだ。
アイデアを出すこと、アイデアの上に立って働くことだ。
命令されずに。

人間は刺激されないと発展しない。
困ったとき、苦しいときの知恵が尊い。

発明する条件でいちばんいいのが、苦しむこと。
経験して苦しむことだ。
苦しめば苦しむほど、人からみればわずかな発明でも、自分にはどれだけの栄誉か分からない。

栄誉があって、苦しみがないということは絶対にありえない。
この二つの同居人を片方だけ追い払って、上澄みだけとろうなんてできない。

失敗もいい。
もし失敗もせず、問題を解決した人と、10回失敗した人の時間が同じなら、10回失敗した人をとる。
同じ時間なら失敗したほうが苦しんでいる。
それが根性となり、人生の飛躍の土台となるから。
ただし、理論からはずれた失敗はいけない。

『本田宗一郎の3分間スピーチ』(上之郷利昭)光文社


同じ仕事をしていても、つまらなそうに仕事をする人と、楽しそうに仕事をする人の2つのタイプがいる。
自分で仕事のアイデアを出し、主体的に仕事をしている人はその仕事をエンジョイできる。
しかし、命令されていると思って受け身で仕事をしている人は、仕事をエンジョイできない。

自らアイデアを出し、主体的に動く人は、明るくて前向きだ。

アイデアを出すことは、ある意味で、発明や発見と同じ。
人は、とことん追いつめられたときに一番力を発揮するが、同様に、苦しめば苦しむほど、アイデアはわいてくる。

つまり、アイデアをたくさん出せる人は、たくさん失敗し、苦しんだ人。
どんなときでも、出し惜しみなくアイデアを出せる、前向きな人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る