ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.10.10

企画は身近なもの

秋元康氏の心に響く言葉より…

僕が企画について講演会をしていたときの話です。
講演を聞いていたOLの方が、
「秋元さんは企画の話をしていますけど、私は社内でお茶汲みばかり。
企画のできる部署だったらいいですけど」と言ったんです。

しかし、僕はこうお話ししました。
例えば、そのOLさんが、部署内でお茶を出すとき、「この人は胃が弱い」
「この人は昨日徹夜で目が真っ赤」と、それぞれの対象に合わせて、
効くといわれているハーブティを出してあげたら、この人は企画力のあるお茶汲みになります。

これは、あらゆる営業職の人にも通じる話だと思います。
つまり、企画とは、自分の居場所をつくることです。

“この人がいないとダメなんだ”とまわりに認めてもらえる手段でもあるのです。
オーバーに言えば、“存在価値”かもしれません。
ですから、企画を考えるということは、実は誰にとっても身近なものなのです。

企画の入り口というものは気づくことから始まるのです。
10人の方がいれば、入り口が全部違うんです。
すべての人に企画の入り口は開かれている。
そこが面白いところなのです。

けれど、多くの人は企画を探しに外に行こうとします。
どこかでお祭りをやっているとしましょう。
「お祭りをやっているからネタがありそうだ」とみんなが思ってそのお祭りに集まるので、
結果的に同じような企画ができてしまうんですね。

ですから、食材ということで言えば、集めるものはどこにでもある豆腐だったり、
米だったり、味噌だったりするほうがなじみのある分、
それぞれの工夫次第で面白い料理になる可能性が高い。

そこで、アンディーブの葉っぱや、クスクスといった、
何か新しい食材をもってこようとしなくても、美味しいものはつくれるのです。

僕はこういった話は「幸せ」にも置き換えられることだと思います。
幸せに暮らせるかどうかは、日常の中に幸せだなと思えるネタを多く見つけられるか、
何も面白いことがないと思うかの差なんですね。

そう考えると、食材に気づく力というのは、決してクリエイターだけに必要なものではないのです。
日常の中に面白いことがたくさんあるんだということを、どれだけ発見できるか。
それによって、人生は大きく変わるものだと思います。

『秋元康の仕事学』NHK出版


気づく人と、気づかない人では、人生において大きな差が出る。
人は、進学とか、就職、結婚、離婚とか、大きな人生の岐路に目が奪われがちだが、
本当は毎日の日常にその運命の分かれ道はある。

挨拶の仕方ひとつ、笑顔の出し方ひとつ、言葉の使い方ひとつ、で人生は変わってしまう。
なぜなら、たった一言で「やる気がでたり」、「二度と顔を見たくない」となったりもするからだ。

日々の営みの中の些細な出来事に焦点をあてることこそが、クリエイティブな企画となる。
どんな新奇性のある料理であっても、世にある食材の組み合わせからできている。

あたりまえの日常の中から、面白いこと、楽しいことを発見でき、気付ける人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る