ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.10.6

問題の源は我にあり

ジャームズ・アレン氏の心に響く言葉より…

「災いの源を探し求めるな。
あなた自身のやり方…、それが問題の源である」

これは、フランスの啓蒙期の思想家・ルソーの言葉です。
トラブルは、自分自身の問題のある行動に続きます。
行動を正せば、トラブルは解消します。

言葉は反応を起こし、行動は効果を呼びます。
反応や効果は、言葉や行動と正確に釣り合う結果です。
原因と結果は、いつも、完全なバランスを保つ関係にあるのです。

たとえば、残酷なことを考え始めた時点で、人は、ほんの少し卑しくなり、不幸になっています。
さらに、残酷なことを言ってしまったり、してしまったその瞬間、その人は自分の心を痛めつけています。
残酷なことを考え、言葉や行動に表すことで、人は自分自身をどんどん残酷で悲惨な人にしていきます。

反対に、思いやりのある思いを持ち始めた時点で、人の心は、気高く幸せな色に染まり始めます。
さらに、その思いやりを表す言葉や行動が、その人の精神を高めて幸せにしていきます。

行動は、その人自身の長所も欠点も、素晴らしさも卑しさも明らかにします。
そして、行動する人自身の心に、原因と結果の完全なバランスで、幸せと不幸をもたらします。

すべての問題の源は、どこかにあるのではなく、あなたの中にあるはずです。

『自分が変わればまわりが変わる』ゴマブックス


全ての問題の原因は自分にある、と思っている人は、災いの源を探すことはない。
探せば、たいてい、周りや人のせい、あるいは、天候や環境のせいにしてしまう。

あのアル・カポネほどの犯罪人でも、自分では悪人だと思っていなかったという。
人は、自分を自己正当化する名人だ。
もっともらしく理屈付け、言い訳する。

「いいことは おかげさま わるいことは 身から出たさび」
という相田みつをさんの言葉がある。

いいことを考え、それを言葉と行動に移し、おかげさまの気持で毎日を過ごしたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る