ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.10.3

商売というのは真剣勝負と一緒

松下電器産業相談役の山下俊彦氏の心に響く言葉より…

創業間もないころ、近所に松下幸之助と同じように電気屋を始めた人がいました。
結局、その人は会社を駄目にしてしまうのですが、数年後、再会したときにその人が幸之助さんに、

「私も一所懸命仕事をしたが、どうも思うようにうまくいかなかった。
たまたま少しうまくいきかけると、売った先が金をくれなかったり、頼りにしていた工員が辞めたりして、
挫折してしまった。
同じように商売を始めた君が、何の支障もなく発展していくのが、不思議だ」

それに対して、幸之助さんはこう答えています。

「君ほど熱心にやっていながら、なお仕事が成功しないのが、私には不思議だ。
商売というのは大小の差があってもやっただけは成功するものだと思う。
よく世間では商売だから儲けるときもあれば損するときもある。
得したり損したりしているうちに成功していくというが、自分はそうは思わない。
絶対に損をしてはいけないのである。

商売というのは真剣勝負と一緒だ。
首をはねたり、はねられたりするうちに勝つというようなことはあり得ない。
活動すれば、それだけの成功が得られなければならないのだ。

もし、それができなかったら、それは環境でも、時宜でも、運でも何でもない。
経営の進め方に当を得ないところがあるからだ。

それを
『商売は時世時節(ときよじせつ)で得もあれば損もある』
と考えるところに根本の間違いがある。

商売というのは、不景気でもよし、好景気であれば、なおよしと考えなければいけない。
商売上手な人は、不景気に際してかえって進展の基礎を固めるものだ」

『一流たちの金言』致知出版


ゼロ戦闘で出撃するパイロット達には、撃ち落とされたら次はなく、死と隣り合わせだった。
何度も生還した名パイロット達は、だからこそ日ごろの準備を徹底的にした。

中でも「大空のサムライ」と言われた坂井三郎氏は、昼間でも星を見る訓練をして視力を鍛え、
トンボやハエを素手で捕らえて反射神経を磨いたり、
一度に多くのことをしても脳が混乱しないような修練をするというように、
戦闘の訓練以外にも必死の努力を重ねたという。

我々はいつも、明日がある、次の機会があると思って日常を過ごしている。
仕事も同じで、今年赤字が出たとしても、来年があるさ、と自分に都合よく解釈する。
甘さがあるのだ。

天気が悪かったから、人が足りなかったから、お金を借りられなかったからと、
うまくいかない言い訳を考える。

「商売というのは真剣勝負と一緒」
今ここしかない、と常に絶体絶命の覚悟で踏ん張れば、必ずどこかに光明が見えるはずだ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る