ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.10.2

保身の男

齋藤孝氏の心に響く言葉より…

男の魅力とは何かと考えると、こんなことを思い出します。
大学のときですが、友達が、「おれ、わかったんだけど、人間のだいたいの行動というのは、
『保身』の二文字で説明できる」と言ったんです。

たしかに、そう言われてみると、ある人の行動を見ていて、
「あれは腑(ふ)に落ちないな」と思うような行動というのは、
あの人の保身行動だったんだと思うと、理解できることが多い。

保身に走っている人は、他の人を惹(ひ)きつけるセクシーさに欠けている。
やはりエッジに立っている感じというか、端っこ走っているような危なっかしい感じの男に、
女の人は惚(ほ)れると思う。

では実際、保身に走る人はどういう人なのか。
女の人に聞くと、女性はつき合っている男性を見るとき、
「ぎりぎりの場面でこの男はどうするんだろうか」と量(はか)るそうです。

細やかで気が利くというような普段の優しさよりは、
「いざというぎりぎりの土壇場」でどうするのかを見るというのですね。
だから、普段は優しくても、いざというときに腰が引けるような男はダメだと言う。

しかも、保身に走ったからうまく行くかといえば、かえってうまく行かないことのほうが多い。
責任を回避しようと立ち回っている奴のほうが、後でどっとそのツケが回ってくるものです。
ボクシングなどで受け身に立つと、かえって滅多打ちにされるのと同じです。

『人生賛歌』(齋藤孝・美輪明宏)大和書房


美輪明宏さんは、政治家なども、何かあれば、「私は知りません、秘書がやったことです」と、
いうのは保身そのもので、政治家も財界人も、いろいろな人たちの言い訳は全部保身からきている。
そして、それは自分が「これだけの値打ちしかない人間でございますよ」と、世に知らしめている、と言う。

何か事あったときに、自分を捨てる覚悟ができる人には魅力がある。
名誉も、地位も、財産も、そして命までも投げ出されてしまったら、どうにも始末に悪い。

昨今では、保身と言えば、政治家や、官僚を思い浮かべてしまう。
言い訳の上手さは天下一品だし、後で、しっぽをつかまれないような説明をするのが異常にうまい。

ぎりぎりの土壇場で、逃げるのか、それに決然として立ち向かうのか。
何事も、保身ではなく、捨て身で事にあたれるか。

保身の男には魅力がない。
いざというとき、腰が引けないような胆力を身に付けたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る