ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.9.27

相手をナメてはいけない

ボブ・グリーン氏の心に響く言葉より…

フロリダ州の『ラスパーダ・オリジナル・ホーギーズ』というサンドイッチ店では、
コックやウエートレスがお昼時のラッシュに備え、準備をしているところだった。

突然、怒り狂った大男が表のドアを開けて乱入してきた。
その男…あとで警察によって、近くに住むセオドア・ターヒューン、26歳と判明…は、
伝えられるところによると、猥褻な言葉を叫び、女子従業員に対しみだらな呼び名をわめいたそうだ。

ターヒューンがサンドイッチ店を出ようとしたとき、彼は店内に客がひとりいるのに気がついた。
その客は68歳の男性だった。

「お前、なに見てるんだ?」
とターヒューンは68歳の客に言った。

「あんた、このお嬢さんたちに丁寧な口をきいていなかったみたいだな」
と、68歳の客が答えた。

ターヒューンはこの客に悪態をつき、こう言ったそうだ。
「じじい、文句があるなら外へ出な」

ターヒューンにとって、これはたいへんな間違いだった。
この“じじい”は、バディ・“ネイチャー・ボーイ”・ロジャースだったのである。
50年代のプロレスのスーパースターで、今はフロリダで余生を送っている伝説的な人物なのだ。
ロジャースは最近、心臓の4つの心室・心房のバイパス手術、それに股関節置換手術を受けたばかりだった。

にもかかわらず…
「ボブ」と先日の夜、ロジャースはぼくに言った。

「やつがわたしのことを“じじい”と呼んだりしたのが始まりさ。
やつはものすごくでっかい野郎で身長193センチ、体重も107キロぐらいはありそうだったが、
バディ・ロジャースを“じじい”なんて呼ぶ者は、いまだかつておらんのだよ」

ロジャースの年の半分にもならないターヒューンは、いきなり殴りかかったという。
「わしはやつを壁に叩きつけてやった」とロジャースは説明した。

「そしたら、やつは鉄の椅子をひっつかんだんだ。
でっかい折りたたみ式の椅子をさ。
やつがそれを振り回したんで、わたしの口のところに当ってね。
血がドクドク噴出したよ。
それでやつの手から椅子をもぎとり、みぞおちに一発くらわしてやった。
やつは冷蔵庫のほうへあとずさりしていったけ。
それから、また一発お見舞いしたら、やつはキッチンのほうへ吹っ飛んで、流しの上に落ちた。
そいつをもう一度ひっつかんだら、やつは私の髪をつかんで悲鳴を上げてな。
『お願いだ!やめてくれ!頼む!やめてくれ!』…哀願ってやつさ。
やつのおかげでわたしはエンジンがかかっちゃってたから、やるならまだ徹底的にやれたけどね」

椅子で殴られた口の傷を15針も縫う必要があるとわかったが、彼は病院にまっすぐに向かわなかった。
「家に帰って、サンドイッチを食べたんだ」と彼は言った。

まず、病院へ向かうほうがよかったのではないか?
「ボブ、そうだろうとわたしだって思ったがね」と“ネイチャー・ボーイ”は言った。

「しかし、わたしは腹ぺこだったんだ」

『アメリカン・ヒーロー』集英社


日本人は、水戸黄門のように、普段はどこにでもいるような好好爺(こうこうや)が、
何か事あったときに悪者をやっつける、というこの手の物語が大好きだ。
映画のスーパーマンでもこれは全く同じ。

勧善懲悪(かんぜんちょうあく)は、ハリウッド映画でも日本の時代劇でも、
全世界に共通する胸のスカッとする爽快(そうかい)なパターンだ。
中でも、実力があるのに身分を隠している人が、しかたなく身分を明かし、
本当の力を見せ付ける場面が一番好まれる。

人は、偉ぶらない、謙虚な人が大好きだ。
その反対に、威張りちらしたり、傲慢な人は嫌われる。

どんな人であろうと、相手をナメてはいけない。
たとえ、年寄りだろうが、弱々しかろうが、みすぼらしい身なりをしていようが、
か弱そうな女性であろうが、小さな子供であろうが…
見くびったり、あなどったり、甘く見ていると、とんだしっぺ返しを食うことになる。

相手をナメている人は、自分のほうが上だと思っている人だ。
その元にある心は、認められたくてしかたないガキ大将のような子供っぽい心理。

そしてそれは、ほんとうの怖さを知らない未熟な子供だからできること。
懐(ふところ)から印籠(いんろう)が出てくるまでわからないようでは、あまりにもおそまつだ。

上には上がいる。
身のほどを知り、常に謙虚であることは、生きていく上でもっとも大切な資質の一つ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る