ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.9.25

ほめる人は敵が少ない

フランチェスコ・アルベローニ氏の心に響く言葉より…

私たちはにはだれにでも、たとえ気がついていなくても、敵がいる。
こっちの成功が迷惑だとか、相手の昇進をはばんだりとか、あるいはつまらないことをねたんでいるとか。

誰でも愛され、評価されたいから、他人が抱く怨恨(えんこん)には気がつきにくく、
こっちをきらっているサインなどは見たがらない。
しかしサインはどこにでも転がっている。

敵意のサインのひとつは、けっしてほめないことである。
友達が競争に勝って賞をもらえば、私たちは大はしゃぎをして抱きしめる。
友達が有能な人ならみんなの前でもちあげる。
よく知っていてしばしば会ったり、友達のつもりでいる人でも、そうしたことをただの一度もしないと
すれば、怨恨を隠しもっている証拠である。

ヴェルディはプッチーニのオペラを見にスカラ座へ行き、楽譜を手に筋を追っていた。
しかし彼の口から賛辞がもれることは一度もなかった。
それは彼が、ライバルであるプッチーニを認めたくなかったからである。

辛辣(しんらつ)で皮肉っぽい言葉を連発するのも敵意のサインである。
挨拶するのを忘れるだけのこともある。

恨みをもつ人は、出会うとぐちを言ったり文句をつけたりしたがる。

「これをまだしてないね。あれもまだだめじゃないか」というふうに。
こっちが弁解しても、要求を受け入れても、仕事を肩代わりしても、いくらなだめてもおさまらない。

悪いニュースを知らせたり、耳に入った底意地の悪い中傷をつぶさに教えることによって、
敵意をあらわす人もいる。

『借りのある人、貸しのある人』草思社


敵とはいえないまでも、あまり好きでない人のことは、決してほめない。
肉親などのように近しい関係ではお互いに甘えがあり、ほめなくても認めているという複雑な心理は
あるが、一般には、何らかのわだかまりや反感を感じているからこそ、心の底からほめることができない。

人の成功を我がことのように心から喜び、ほめる人には敵が少ない。
人の成功を妬(ねた)み、批判し、辛辣で、皮肉っぽいことを言う人には敵も多い。

敵をつくりたくなかったら、ほめることを多くして、批判や悪口は封印し忘れ去ることだ。
相手に敵意を感じたら、それはそっくりそのまま自分に返ってくる。

「ありがとう」と感謝を多くすることは、「ほめること」を多くする近道。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る