ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.9.17

みんながフワッとなれる人

斉藤一人さんの心に響く言葉より…

中国の大人(たいじん)の話ですけれど、ものすごい大金持ちがいる。
そういう人間が、たまに縁日みたいなものに出てくる。
そこで、ナツメを売っている店があって、

「ナツメちょうだい」
っていうと、店の人は、一皿分のナツメを袋に入れるフリして、半分しか入れない。
そういうことが、ざらにあるんです。

でも、お金持ちの人は、ちゃんと一皿分のお金を払い、半分のナツメをもらって、悠然と歩きながら食べる。
そういう場面を日本人が見ると、なにかズルイことしてるなって思っているけど、向こうの感覚では、
「あの人は大金持ちだから、ナツメは半分でもいいんだ」
と思ってる。
それで、だまされたお金持ちのほうも、そんなことは知ってるんです。
だけど、ナツメ半分ぐらいで、ギャーギャー騒がないんです。
それで、そういう人のことを、
「大人の大金持ちだ」
と、思ってるんです。

どうして、こんなことをいうかっていうと、実は、この前、ホントに嫌なものを見ちゃったんです。
ガソリンスタンドに行って、ガソリンをいれてもらってたんです。
そこのガソリンスタンドで、10代後半ぐらいの男の子が働いていたんです。

その彼が他の車に給油していたとき、外車が入ってきて、彼がその外車にちょっと当っちゃったのです。
そうしたら、その外車からオジサンが降りてきて、ものすごい勢いで、彼のことを怒鳴りつけたのです。
あれを見たとき、私は思ったんです。
「このオジサンも、ナツメが半分しか入っていない袋をサッともらって、
悠然と歩いている中国人を、見習ったほうがかっこいいのにな…」

そのオジサンは、自分とガソリンスタンドの男のコしか見えないから、怒鳴りまくっているけれど、
私も見てるし、他にも周りに人がいるんです。
そういう周りの人たちが見ていて、
「なんだ、こいつ」
って、思っちゃうようなことって、あるじゃないですか。

みんながフワッとなれ、自分と相手だけでなく、その周りにいる人にも気持いい。
両方が気持ちよくなれる言葉を発した人が、「大人」なんです。

周りもみないで、
「オレが正しいんだ」
って、自分の感情でいってるのは、体だけ大きくなった子どもです。
「大人」の目で、ちゃんとものを見るようなクセをつけていないと、外へ出て恥をかくよ、っていうことなんですね。

『人生が100倍楽しく笑える話』角川書店


いい年をした大人が、当たりかまわず怒鳴り散らすのは、あまりに見苦しい。

急に怒ったり、大声で文句言ったりするような、自分の周りしか見えない人は、自己中心的で、余裕がない人だ。
つまり、幼いわがままな子どもや小さなガキ大将と同じ。
真の大人は、どんな時でも冷静で、周囲の人にも気遣いができる、余裕のある人。

相手の、ちょっとしたミスや、しくじりを、笑ってジョークに変えことができる人は、粋でカッコイイ大人。
何の腹も痛まないような、カワイイ嘘にも、わかっていてだまされることができる。

周りの人を、冷やりとさせるか、ぽかぼかと心地よくさせるかは、言葉や気の使い方ひとつ。
どんなときでも、相手をフワッと温かな気持にさせる真の大人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る