ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.9.2

どんな立場になろうが

土光敏夫氏の心に響く言葉より…

われわれのサラリーマン生活は、みようによれば、最初の10年が人に使われる立場、
中の10年が人に使われながら人を使う立場、後の10年が人を使う立場、と移り変わってゆく。

その間、立場の違いというものが、いかに人間の考え方や行動を束縛することか。
多くの人は身につまされて実感できるはずだ。
それを反省してみて、一応大過なく切り抜けて来れたといえる人は偉い。

そのような人が信奉してきた行動の基準は何であろうか。
私はそれは「使われる立場にいるときには使う立場にも考えを及ぼし、
使う立場にいるときには使われる立場を思いやる」ということではなかったかと思う。

現役を退いたら…

はじめタービン会社を出るときは、停年になったら掃除夫でもいい雑役夫でもいい、
工場をきれいにするとか、そういう仕事をしたい、あるいは門番にしてくれ、というようなことをいっていた。
そしたら、うんと客にサービスするから、ともね。

それが世の中というもんじゃないかね。
家庭でも初めにじいさんの代がある。
年老いて息子にゆずった。
そうなれば経理や売る売らないは息子がやる。

じいさんは、垣がこわれれば垣を直すとか、屋根が漏れれば直すとか。
社会もそういうもんじゃないかと思う。

まあ、現役を退いたら、ぼくは社会的なサービスをやりたい。
ずっとそう思ってきた。

『土光敏夫 信念の言葉』PHP文庫


人には、色々な立場がある。
ある時は、会社の社長だが、家に帰ると夫という立場。
タクシーや電車に乗れば乗客だし、道路を歩いていればただの通行人だ。

しかし、タクシーに乗ってもなお、偉そうに社長風をふかしたり、大会社の社員として傲慢にふるまう人もいる。

立場が変われば、役割も変わる。
どんなに偉い役職についていたとしても、辞めてもなお、それを引きずって生きていくのは恥ずかしい。

「喫茶喫飯(きっさきっぱん)時に随(したが)って過(す)ぐ」という禅語がある。
お茶を飲むときは無心にお茶を飲み、食事をするときはただひたすら食事をする。

社長の時は社長を、掃除夫のときは掃除夫を、門番の時は門番を、ただひたすらに、淡々と職をまっとうする。
どんな立場になろうが、こだわりなく、飄々(ひょうひょう)と、時に随(したが)って生きて往きたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る