ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.7.29

遊びにいくのはモテにいくこと

本田宗一郎氏の心に響く言葉より…

私も、酒はふんいきで飲むほうだ。

うれしいときや、憂いを払いたくなるとき、と条件はいろいろだが、
好きじゃないけど飲みたくなるのである。

酒に飲まれちゃうようなお酒飲みは嫌いだし、軽べつする。

芸者を呼んで、彼女らが踊りや歌で座敷をつとめているのに、
ほどよく注目してやれない人も私の友ではない。

遊びにいくのはモテにいくことだと私は信じている。

縄のれんや、煮干をかじって立ち飲みする酒屋の店さきにいくのだって、
どこかしらモテるためにいくのである。

「ああ、よくモテたな。今夜も楽しかった」という満足があれば、
仕事にもまた精が出るというものである。

『やりたいことをやれ』 PHP研究所


お店の従業員の立場に立ち、働く人の気持ちをくむことができる人はモテる。

お金を払っているお客だからと言って、威張ったり、我がまま放題で、
自分のことしか言わない人は嫌われる。

サービス業で働く人たちは、一日に何人ものお客さんを見ているから、お客さんを見る目はシビアーだ。
それは、反対の立場になってみれば、誰でもわかること。

どんな店でも、そこのスタッフや従業員に気を配り、喜ばせようとする人は好かれる。
もし、お客道というものがあるとするなら、そいういう人は、「お客の達人」だ。

「遊びにいくのはモテにいくこと」
お金を払ってもなお、気を使うのが、「モテる人」。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る