ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.7.9

リーダーの器量

致知出版社藤尾秀昭社長の心に響く言葉より…

明治のリーダーたちは、リーダーたるにふさわしい器量を備えていた。
何よりも特筆すべきは、彼らの溢れんばかりのバイタリティであり楽天性である。

そのバイタリティーと楽天性が野放図(のほうず)に流れず、
「武」と「学」の鍛錬によって陶冶(とうや)されている。
彼らの人間的迫力、人間的器量はそこに起因している。

一にバイタリティ、二に楽天性、三に絶えざる自己修養。
この三つはいつの世もリーダーに欠かせない資質といえる。

国も会社も家庭も、そこにどういうリーダーがいるかで決まる。
どういうリーダーがいるかで、国、会社、家庭の浮沈、盛衰が左右される。
いつの時代でも問われるのは、リーダーの器量である。

では、人間的器量はいかにして養えるのか。
安岡正篤師は、『経世瑣言(けいせいさげん)』の中でその要諦を端的に示している。

「まず、第一に古今のすぐれた人物に学ぶことです。
つまり、私淑(ししゅく)する人物を持ち、愛読書をもつことが、
人物学を修める根本的、絶対的条件であります。
次に大事な条件は、怯(お)めず、臆(おく)せず、勇敢に、己を空しうして、
あらゆる人生の経験を嘗(な)め尽くすことです。
人生の辛苦艱難(かんなん)、喜怒哀楽、利害得失、栄枯盛衰を勇敢に体験することです。
その体験の中にその信念を生かしていって、
初めて治行合一(ちこうごういつ)的に自己人物を練ることができるのです」

リーダーの器量は一朝一夕には成らない。
不断の長い修練の果てに培われる、ということを忘れまい。

『月刊 致知(リーダーの器量)』8月号・致知出版社


安岡正篤師の有名な言葉『六中観』の中に、
「意中有人(いちゅうひとあり)」、「腹中有書(ふくちゅうしょあり)」がある。

「意中有人」とは、心の中に尊敬する師を持ち、誰かに推薦できる人があることだ。
「腹中有書」とは、自分の哲学や座右の銘、愛読書を持っていることである。

まさに、人物学を学ぶにはこの二つが特に必要だ。
尊敬する師や、座右の書は、古今の歴史上の人物であったり、古典であることが多い。
つまり、人物学とは、歴史を学ぶことでもある。

明治維新、昭和恐慌、大震災、戦争、敗戦、という、時代の大きな節目を経験した人のほとんどが、
明日のことや先のことはわからなかった。
大変化とは、不連続で、誰もが先が読めない時代なのだ。

誰もがわからないなら、悲観的に考えても、楽観的に考えても、確率は同じ。
ならば、楽観的に考えた方が世の中を楽しく暮らせる。

この大きな時代の変化を乗り切るため、絶えざる自己修養を繰り返し、
しかもバイタリティを持って、楽天的に生きてみたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る