ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.6.7

強運に恵まれたかったら

斉藤一人さんの心に響く言葉より…

サラリーマンで、「同じお給料だったら、働かないほうがトクだ」って考えてる人がいます。
それって、ものすごくソンな考え方です。
あなたが仕事に行って、せっせ、せっせと自分の仕事を終えて、
「私、仕事が終わりました。ただいまから、援助に入ります!手伝ってほしい方はいませんか?」
って言ってみてください。

かっこいいし、素敵な人だし、女からモテます。
そして運も向いてきます。
だらだら仕事をやって、たいした努力もしてない人に限って、「私は努力してきました」って言うんです。

本当に顔晴っている人は、成功したときに、
「みなさんのおかげです」とか、
「運がよかったんです」って言うものなんですよ。
そういう人の言葉だけを聞いて、「やっぱり人生、運なんだな」って、ふざけるなですよね(笑)。

人の生き方を、よく見てみろって。
成功した人が、普段、人にものを頼まれたとき、どんな返事をしているか見ていますか。
仕事を嫌々やってる人って、返事に出るんですよ。
「○○さん、これやって!」って言われたときに、嫌な顔する。
「はい!」と気持いい返事をしない。

そういう態度をとっていると、「この人に頼みづらいね」って思われるんですよ。
何か頼まれたときに、「はい!」って明るく返事をすると、喜ばれます。

それをいちいち、嫌な顔する。
いちいち、嫌な返事をする。
それでいて、「強運に恵まれたいんです」って言っても、そんな人に取りつくのは貧乏神だけ(笑)。
そんな人には、福の神なんか、つくわけないんです。

『強運』PHP研究所


一人さんは、
仕事で大事なのは、「やりがい」ではなく「出世」だ、という。

なぜなら、
『たいがいの仕事は、出世しないと、やりがいがあまりないようにできているからなんです。
皿洗いでも、一生懸命やっていると、「お前、そこの主任になれ」って声がかかったりします。
それで責任を持たされるようになると、楽しい。
ますます一生懸命働いて、出世できるようになっているんです』
「強運」より

仕事でも、何でも、自分が選択したものを嫌々やる人には運がない。
嫌々やるのか、そうでないのかは、返事や、表情や動作にすぐ表れる。

出世のために仕事をする、というと反発する人がいるかもしれない。
しかし、「人間は、お金だけで生きてる訳じゃない。心が一番。お金なんていらないよ」
という人にはお金は入ってこない。
お金を嫌っているからだ。
お金を嫌っている人は、お金からも嫌われる。

「心も大事だけど、お金も大事だね」と言えばいいだけの話だ。
「出世」という言葉も同じ。

相手に嫌な顔をすれば、相手から嫌な顔をされる。
上司に笑顔で接すれば、笑顔で返してくれる。

中村文昭さんの名言がある。
「返事は0.2秒」、「頼まれごとは試されごと」、「出来ない理由を言わない」「いま出来ることを探してやる」

どんな仕事を頼まれても、にっこり笑って「ハイ」と元気よく返事できる人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る