ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.5.30

不条理を乗り越える

竹内一郎氏の心に響く言葉より…

時々、なぜこんなひどい親からこんないい子が、と理解に苦しむ親子と遭遇することもある。
もちろん、逆もある。
様々な親子を見ながら、世の不条理を感じることも多い。

私は、そういう不条理をまず“前提条件”として、なおかつネアカを目標にするのがよい、と考えている。
将棋の棋士はそういう事態に慣れている、全力を尽くして、自分に何の非がなくても、負けるときは負ける。

本田宗一郎氏や、堀場氏も同じである。
結局、1回1回の仕事を“全面戦争”と考え、負けたとしても、“この世に不条理はたくさんあるのだ”と、
結果を受け入れる修練を積んでいるかどうか、が私が考える“ネアカ”を作るか否かの、境界線である。

実際、一つの考え方を提案し「こうすればうまくいく」と主張する人がいる。
これだけ不条理に満ちた社会なのだから、
どんな思想や宗教を持ってきても、うまくいかないことはたくさんある。

升田は、
「文章でいえば、なるほど書いている人は血へどが出るほど苦しんで書いている。
が、出来上がったものに、その苦しみだけしか出ていない作品は、もひとつってものじゃありませんか。
いのちがけのなかに遊べるという境地に達したとき、読む人にもまた楽しさが伝わる」

『ここ一番に 強い男、持っている男』PHP研究所


人生は逆転、逆転、また逆転の繰り返しだ。
親が金持ちで優秀なら、子どもも金持ちで優秀になるか、というと、案外そうではないことが多い。

親が苦労して成功した家庭では、子どもに苦労をさせまいと、手助けをしたり、容易に金を与えることもある。
その逆の、親が貧乏だったり、ひどい親だったりすると、子どもは早くから自立し、
自分で問題を解決する術(すべ)を手に入れる。

世の中は不条理に満ちている。
自分にはなんの落ち度もないのに、天災や震災にあうこともある。

あのユニクロの社長柳井氏でさえ、「一勝九敗」だという。

以前、大手レストランチェーンの新業態の開発担当者に聞いたことがあったが、
彼らの成功率は、20に一つだと言った。
そこそこ当る業態はできたとしても、何百店にまでもっていける店は、それくらいの確率かもしれない。

普通の人間が、何かにチャレンジすれば、失敗するのは当たり前だ。
しかし、大事なことは、何度失敗しても、めげず、心も折れないという、
自分なりの、「しなやかさ」や、「タフさ」を持てるかだ。

それが、「ネアカ」に生きるということ。

必死の形相で、ピリピリして努力するより、「ニコニコ顔で命がけ」の方がよほどいい。
深刻にならず真剣に、ネアカで生きてゆきたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る