ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.5.27

西郷隆盛と門番

池波正太郎氏の心に響く言葉より…

こんなエピソードがある。
明治4年ごろのことだろうが、あるとき西郷は宮内省へ用事があって出かけた。
夕暮れで、ひどく雨がふっている。
宮内省の門へ来て気がつくと、西郷は門鑑(もんかん)を忘れていたのだ。

「まことにすまぬが、急用なので通していただきたい」
門番にたのむと、
「門鑑がなければ通せませぬ」

若い男だが、きっぱりとはねつける。
粗末な縞(しま)の着物に袴をつけ、大小を横たえている大男が、まさか西郷隆盛だとは思わない。

「いかぬかな?」
「規則です」
「フム。そりゃたしかにそうじゃ」

こうなると、自分の名前で門を通るということができなくなるのが西郷である。
しばらく、茫然(ぼうぜん)として雨にぬれたまま立ちつくしているところへ、岩倉具視が馬車でやって来て、

「何をしておられる?」
「いや、門鑑を忘れたので…」

そこで、岩倉が、
「けしからん、このお方は西郷陸軍大将じゃ」
門番を叱りつけた。

門番はびっくりしたが、それでも屈しない。
西郷だろうとなんだろうと、自分は門番としての責任を果たすまでだ、というわけである。

岩倉右大臣はカンカンになったが、
「そりゃ、あんたが悪い」
西郷は岩倉をなだめ、国家の急用なのだから特別に見のがしてもらいたい、と門番に敬礼したそうだ。

「国家のためとあれば、仕方ないでしょう」
門番もようやくゆるしてくれたという。

この門番の青年、出身地も名も知れてはいないが、後に西郷が可愛がって、
学問をさせ、立派な官吏になったらしい。

『一升枡の度量』幻戯書房


勝海舟は、西郷を、「大胆識と大誠意の人」と評した。
まさに、度量と徳望をあわせもつ、当時第一等の人物であった。

安岡正篤師は理想の君子について、こう語る。
 
欲して貪(むさぼ)らず、
泰(ゆた)かで驕(おご)らず、
威あって猛(たけ)からず。
『論語・堯日(ぎょうえつ)』安岡正篤一日一言(致知出版)より

ガツガツせず、貪欲ではなく、淡々としている。
泰然(たいぜん)として、おごり高ぶらない。
威厳はあるが、上から偉そうにものを言わない、度量の広い人。

まさに、西郷翁その人だ。

相手が目下であろうが、部下であろうが、決して偉そうな口をきかない。
えてして、英才、俊才は、自分の意に沿わないことがあると、瞬間的に反発する。
鋭(えい)の人だ。

大人物や英傑は、泰然として、大騒ぎせず、ひと呼吸おきゆったりと応対する。
鈍(どん)の人だ。

鋭の人には、どこか錐(きり)のような冷たさを感じる。
どんな事に出会っても、ゆったりと余裕を持つ、鈍の人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る