ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.5.24

毅然として生きる

西田文郎先生の心に響く言葉より…

最強のビジネスパーソンに必要なことは何かといったら、その大前提に、
“他者に操られない人間”ということがあります。

協調性などといって、人と合わせようとする人が少なくありませんが、
そのように、「いい人」で生きていると、「これを言ったら相手が離れていってしまう」とか、
「二度とパートナーとして選んでもらえない」といった不安がつきないものです。

しかし、「いい人」ではなく、他者に操られる隙を与えない「毅然(きぜん)とした人」「強い人」という
イメージデザインを作って、それをきっちり保っていると、これまでの不安は嘘のように消えてしまいます。

どういうことが起きるかというと、いわゆる、レベルの低い人たちは、
あなたを傷つけないように処理するようになります。
具体的には、おろそかな言動をとらなくなり、気を使うようになるのです。

また、レベルの高い人たちからは、一目置かれるようになります。

世の中には、本当は優秀なのに優秀だと評判にならない人がいて、
そのような人は、世の中でいちばんツイていない人間です。

しかし、このイメージデザインをとおしていったら、その最悪のウラ目をひっくり返して、
ツイている人間になることができるのです。

女性の基本的なイメージデザインは、最初は敷居を高くして、
「こいつ、普通の女とどこか違うぞ」と思わせることです。
そのように思わせるのが何かと言えば、それは、「品性と品格」です。

「品性と品格」がある人には、どんな人でも自然と敬意を払います。
そして、品性と品格を磨くにはマナーが必要です。

つまり女性は、
どこに出てもどんな人と会っても恥ずかしくない最高のマナーを身につけることが重要なのです。

『ウラ目の法則』徳間書店


真の大人として扱われたいのなら、男性も、女性も、一旦事あるときには、
毅然とした態度でのぞみ、外見は優しそうでも、芯が強いことが必要だ。

毅然とした人というと、冷たいとか、情がないと思われがちだが、
それは自律した人であり、成熟した大人に他ならない。

いつもニコニコして優しそうな実力者と会った場合、多くの未熟な者が失敗するパターンがある。
最初は礼儀を守って話をしていても、だんだんと話すうちに相手と親しくなったと錯覚し、
そのうちにタメグチになったりして、相手に敬意を払わなくなってしまうような場合だ。
こんな場合は、虎の尾を踏んでしまい、怒りをかうことにもなる。

毅然とした態度とは、日本古来の「武士道」の精神でもある。
自分で自分を厳しく律する心であり、正義や、勇気や名誉を重んじ、
卑怯を憎む心であり、惻隠の情でもある。

男性も女性も、品性と品格を磨き、どんな人と会っても恥ずかしくない人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る