ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.5.22

片隅で生きる

曽野綾子氏の心に響く言葉より…

片隅に生きていれば、少々の悪癖も問題にならないことが多い。
女癖の悪い人が、総理大臣になったら、その性癖は世界的な恥として知られてしまう。
しかし片隅に生きていれば何でもないのだ。

片隅に生きるということはほんとうにすばらしいことなのだ。
悪の影響は薄まり、思い上がるということなく済み、かつ、基本的な自由を謳歌(おうか)できる。
自由のない生活など、人間の基本的な幸福さえ拒否されているということだ。

そのような職業(例えば政治家)に就きたがる人の気持が私にはどうしてもわからない。
ささやかな悪行が、ささやかにできる場所にいないと、人間は囚人になってしまう。

人と違って特別だということは、有名にもなるしいいことのように見えるが、
当人にすれば、平凡ほど偉大な幸福はない、と感じているだろう。
時々羽田空港などにお相撲さんやバスケットの選手などがいると、私もチラッと見たくなる。
選手達はもう慣れているのかもしれないが、あれではろくろく彼女も連れて歩けない。

人の視線というものは、時には温かく、時には緊迫感の原因になる柔らかな凶器であろう。
今さらながら、多くの人に与えられている平凡という偉大な幸福に対して、
私たちはあらためて感謝しなければならない。

『「いい人」をやめると楽になる』祥伝社黄金文庫


最近は、ホテルや飲食店に勤めている人が、twitterやブログなどで、
有名人のお忍びでの来店や、プライバシーを気軽に書いてしまうような事件が頻発している。

自分の書いたものは、そんなに影響がないと高をくくっているのかもしれないが、
そういう情報はあっという間に広がり、
勤務しているホテルや飲食店も倒産に追い込まれるくらいのダメージを受ける。

そして、書いた本人の家族構成やら顔写真等の、プライバシーも瞬時にして暴(あば)かれるのが通例だ。
何気なく書いたブログやtwitterなどが社会を揺るがすような凶器にもなる、
ということを我々は知らなければならない。

有名人や政治家は常に、人から見られるストレスにさらされている。
それは有名になることの代価とも言える。

我々一般人も、ブログ等を使うと瞬時にして、悪名高き「時の人」になりうる可能性がある。
情報を発信している人の中には、有名になりたいとう漠然とした願望があるのかもしれないが、
覚悟のない人が、有名人になることは危険だ。


有名になるには、それ相応の犠牲が必要となる。
社会の片隅で平凡にしっかりと生きる、という幸せに我々はもっと気づかなければいけない。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る