ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.5.17

自律神経系は主語を区別できない

佐藤富雄氏の心に響く言葉より…

自律神経系は主語を解しません。
「私が」と自分のことを語っていても、「あなたが」「誰々さんが」と他人のことを語っていても、
自律神経系は人称の区別をしません。

口から出た言葉はすべて、自分自身のことを指していると受けとめます。
こういう自律神経系の特徴を上手に利用していきましょう。
人を誉めると、誉めた人自身が、「誉め言葉の御利益」にあずかることができます。

その「からくり」を説明しましょう。
仮に、AさんがBさんに向って「あなたはやさしい人ですね」と言ったとします。
言われたBさんは当然、悪い気がしません。

「本当かしら。私ってそんなにやさいいかしら」と気分がウキウキしてくるでしょう。
これも「誉め言葉の御利益」です。
ところが、誉めたAさんのほうでは、誉められたBさん以上に気分がウキウキしてくるのです。

人の悪口を言うと、それを言った当人が最もダメージを受けるのと同じく、
誉められた人よりも誉めた人のほうにこそ、よい言葉のよい影響があらわれるからです。

Bさんを「やさしい」と誉めたAさんの自律神経系は、「やさしい」という言葉の意味を読み取り、
自分の身体を使って「やさしさ」を表現しようとします。

無意識のうちに言動がやさしくなり、顔の表情もやさしくなっていきます。
そして、今度はAさん自身が人から「あなたはやさしい人ですね」と言われるようになります。
これも「誉め言葉の御利益」というものです。

『いい言葉は人生を変える!』ベスト新書


自律神経系は、主語を区別できない。

「あいつはなんてひどいヤツなんだ」というと、「あいつ」という主語がすっぽり抜け落ち、
自分のことを指して言っていることになる。
すなわち、「俺ってなんてひどいヤツなんだ」と。

逆に、人を誉めれば自分が誉められることになる。
「あなたって運のいい人ですね」
「君って、ツイてるなぁ」
「あなたに感謝してます」
「あなたを許します」

他人に向かって言っている言葉は、自分に向かって言っているのと同じ。
人に向かって誉め言葉を多く使うと、「誉め言葉のご利益」が自分にやってくる。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る