ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.5.15.

是非(ぜひ)に及(およ)ばず

火坂雅志(ひさかまさし)氏の心に響く言葉より…

織田信長は日本史を変えた男である。
若き日の改革者としての光、晩年の専制君主としての闇の部分も含めて、
とにかく異彩を放つ存在であったことは間違いない。

天正十(1582)年、京の本能寺に滞在中、突如、叛旗(はんき)をひるがえした
重臣の明智光秀(あけちみつひで)の軍勢に襲われた。

そのとき、信長が発したとされるのがこの言葉であった。

「是非(ぜひ)に及(およ)ばず」

是非とは、是か非か、すなわち良いか悪いかである。
それを判断するまでもないというのだから、
「仕方ない」
とか、もっと俗に言えば、
「しょうがねぇ」
という意味になろう。

武将としては、かなり型破りの言葉である。
だが、この短いひとことには、信長という男の人生観がはっきりとあらわれている。

『武士の一言(いちごん)』朝日新聞出版


日本は古来より、台風や、地震、火山の爆発などの天変地異が多く起こる国柄だ。
毎年のように、自然災害を経験するたび、独特の死生観が生まれた。

それが、「是非(ぜひ)に及(およ)ばず」という言葉にもつながっている。
天に向って文句を言ってもはじまらない、という諦めにも似た、無常観だ。
運命にさからわず、超然とそれを受け入れる。

子どもと天真爛漫に遊んだ良寛さんにも、
辛酸を嘗(な)め尽くした果ての諦観(ていかん)がある。

「裏を見せ 表を見せて 散る紅葉」
「散る桜 残る桜も 散る桜」

「是非に及ばず」は日本人の泰然とした覚悟。
ジタバタしても仕方がないこともある。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る