ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.5.14.

掛け捨ての覚悟

二宮尊徳翁の心に響く言葉より…

賭(かけ)をして負けるのは、勝とうとすることの変化である。
商人が不利を招くのは、巨利をむさぼることの変化である。
脱税や滞納は、しぼりとることの変化である。

よくこの道理を体認(たいにん)して、賭ける者はそのつど銭を賭け捨てにすれば、何の負けもありはしない。
商人の巨利をむさぼらず、買い主の利益をはかれば、何の不利もありはしない。
国がしぼり取ることにあせらず、良き政治をしいたならば、何の脱税滞納もありはしない。
(二宮尊徳 語404)

尊徳は賭けをやるなとはいわず、負ける理由を説明します。
それは勝とうとする心の裏側であり、勝つ目的のために理性を失ってしまうからです。
掛け捨ての覚悟をして、まず余財を生み出す正業に精を出すことをすすめているのです。

『日本の道徳力』(石川佐智子)コスモトゥーワン


二宮尊徳は、約200年前の江戸後期に生まれ、「報徳思想」を唱えた。
あるとき、暴風で堤防が決壊し、あたり一面が流されたが、
瓦礫となった荒地を耕し、再生して、みごと地域の復興に尽くしたという。

その功績が認められ、小田原藩や、他藩の農村の再興にその手腕を発揮した。
薪(たきぎ)を背負って読書する二宮金次郎の像が有名だが、
その徳を称えられ、報徳二宮神社としてまつられている。

勝とうとすればするほど、そこに欲が絡(から)み、理性が鈍(にぶ)る。
結果、勝負に負けてしまう。

商売も同じで、大儲けをしようと思えば思うほど、そこにリスクが発生し、損したときの被害は大きい。
むしろ、お客様を喜ばせるために、損を覚悟の商売をするならば、結果的に利益はあがる。

一攫千金(いっかくせんきん)を願う心は、覇道(はどう)だ。

覇道とは、努力少なくして、「利」多い道。
王道とは、努力多くして、「利」少ない道。

損を覚悟で、世のため人のために、地道に正業に励みたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る