ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.5.6

生きる限りはいさましく生きること

ノーベル賞作家のパール・バックの心に響く物語より…

【つなみ】

ある時、大津波が来て、海辺の村は根こそぎ波にさらわれ、多くの人が亡くなった。
そして、生き残った少年は、父親に尋ねた…

「父ちゃん、日本に生まれて損したと思わんか?」

「なんでそう思うんじゃ?」

「家の後ろには火山があるし、前には海がある。
その二つが悪いことしようと、地震や津波を起こしよる時にゃ、だれも何もできん。
いつもたくさんの人をなくさにゃあいけん。」

「危険の真っ只中で生きるってことはな、生きることがどんだけいいもんかわかるというもんじゃ。」

「じゃが、危ない目に会って死んだらどうする?」
と息子は心配そうに聞きました。

「人は死に直面することでたくましくなるんじゃ。
だから、わしらは死を恐れんのじゃ。
死は珍しい事じゃないから恐れんのじゃ。
ちょっとぐらい遅う死のうが、早う死のうが、大した違いはねえ。

だがな、生きる限りはいさましく生きること、
木や山や、そうじゃ、海でさえどれほど綺麗か分かること、仕事を楽しんですること、
生きる為の糧を生み出すんじゃからな。
そういう意味では、わしら日本人は幸せじゃ。

わしらは危険の中で生きとるから命を大事にするんじゃ。
わしらは、死を恐れたりはせん。
それは、死があって生があると分かっておるからじゃ。」

…そして、『生は死より強し』だ、と父親は息子に何度も繰り返し言いました。

『つなみ』径書房


パール・バックは1892年、アメリカに生まれた。
18歳でアメリカの大学に入学するまでずっと中国で暮らしていたが、
途中日本にも訪れ滞在した経験をもとに書かれたものだ。

日本人を見つめる眼が限りなく優しいこの本は、1947年に出版されて以来、
アメリカでは版を重ね、多くの人々に親しまれているという。

あとがきには、
「西洋のものとは質を異にした日本人の自然観、生活観、死生観、人間愛などが、巧みに描かれている。
何度も自然に大切なものを奪われながらも、自然をありのままに受け入れて、
同じ所に家を建てる人々の生き方は、合理的に物事を考える西洋人にとっては、
神秘的ですらあったのではないか」、とある。

今から60年以上前に出版された物語だが、今回の震災を思い浮かべずにはいられない。
日本人は、神代の昔から、火山や地震、そして津波の危険にさらされて生きてきた。

何度も繰り返し、大きな自然災害に遭いながらも、生き延びてきた。
それが、日本人の自然観や、死生観を形作っている。

文中にあった珠玉の言葉…
「危険の中で生きているから命を大切にする」、「自然を美しいと感じる心」、
「生きる為の糧を生み出すため、仕事を楽しんですること」、
そして「生きる限りはいさましく生きること」。

『生は死より強し』、そんな強さを持った日本人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る