ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.4.18

生きるとは燃ゆること

平澤興氏の心に響く言葉より…

生きるとは、情熱をもって燃えることだと思います。
燃える心を忘れているような生き方は、気の毒な生き方ではないでしょうか。

賢いと燃ゆることができないですね。
燃ゆるためには愚かさがいる。
愚かさは力です。

だから、優等生もいいけど、優等生のやり得る仕事は大抵、型が決まっている。
本当に世の中に大きな光を与えるのは、必ずしも、いわゆる優等生だけではない。
日本の将来に大きな変化を与えて、自ら進むべき道を断固として守っていくというようなのは、
むしろ優等生でない方に多いくらいです。

だから、やっぱり、ある意味で愚かさが必要です。
損とか得なんていうことは考えないで、ひたむきに行く人ですね。

『現代の覚者たち』致知出版


頭で考えていては、燃えることはできない。
燃えることは、理論や、理屈ではないからだ。

燃えるには愚かさがいる。
愚かさをさらけ出せる大人は、魅力的で、可愛げがある。

平時では、昼行灯(ひるあんどん)のように役に立たないと思われていた人が、
異常時に力を発揮することがある。

学生時代、勉強嫌いだったため、試験は常にビリだったという、
英国のチャーチルこそがその人であった。

時の英国首相チャーチルは、狂気のヒットラーが破竹の勢いで進軍を続け、
あわやイギリスに上陸か、と思われたとき、敢然と立ち向った。

チャーチルは国民に向って演説でこう言ったという。
「断じて負けるな。断じて屈するな。断じて、断じて、断じて」
そして、
「勝負はこれからだ。我らは、絶対に勝つ」と。

苦境にある時、人を奮い立たせるのは、熱い想いのこもった言葉だ。
損得で考え、頭ばかりを磨いてきた人間は、熱い言葉を発することはできない。

我々は、絶対に、ここを乗り切れる。
そんな気持で日々を、熱く、燃えて生きていきたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る