ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.4.16

パニック時の特効薬は笑い

危機管理の専門家、佐々淳行氏の心に響く言葉より…

危機管理の基本は、悲観的に準備し、楽観的に対処すること。
平時には、心に最悪の地獄図を描いておくことが大切です。


そうすれば、何かが起きても「この程度で良かった」と思える。
いけないのは、普段は楽観し、いざというときに悲観すること。
逆に言えば、最悪の事態を常に想定できる人は、やるべきことがちゃんと分かっている人なんですよ。


また、パニック時の対処法というものがあります。
私たちは冗談を言うんです。
デスクワークで偉くなった人たちは「不謹慎だ」と怒りますけどね。
違うんです。


パニック時の特効薬は笑いなんです。
危機管理を専門にしている連中は、洋の東西を問わずブラックユーモリストですよ。
とんでもないときに、みんなを笑わせる。
これも、特技のひとつです。


そうやって私はクライシス・マネジャー(危機管理の専門家)として、
何かが起きたら総理大臣に助言ができるところまでになりました。


『プロ論』徳間書店


現実の社会は、夢や希望ばかりではない。
不慮の事故もあれば、トラブルもあり、そして時には震災もある。
危機に備えない楽観論者は、国家や会社を窮地におとしいれる。


危機管理の対応は、まず最悪の事態を想定し、そのための準備をすること。
そんなことが起こるはずがないとか、それはありえない、と言って考えないでいると、
それが起きたときには「想定外」ということになってしまう。


「悲観的に準備し、楽観的に対処する」
会社の経営や、国家や事業の運営も、すべてこの考え方で備えなければならない。


現場を知らない危機に弱いトップは、怒りまくったり、異常に興奮したりする。
危機に対してうろたえないための方法は、頭を冷し、冷静になること。
パニック時の特効薬は笑い。


たたき上げの歴戦の勇者は、危機に強い。
危機に際して、冷静さと余裕そして、したたかさとユーモアがあったら最高だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る