ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.4.14

電気ひとつで暗くなるような職場なら

坂本啓一氏の心に響く言葉より…

少し前の話です。
ある会社で、経費節減のため「昼休みには電気を消しましょう」というルールができました。
しばらくして、社長が
「そんなみみっちいことをするのは止めよう。それより社員の士気が下がるほうが問題だ」
と考えを改め、昼休みの消灯を止めるよう指示しました。

すると社員から意外な返答が。
「社長、たかが電気ひとつで暗くなるような職場なら、所詮その程度だったんですよ。
関係ないですから。ぼくたち、笑いで、明るくしてますから」。

社長はグゥの音も出なかった由です。
現にその会社は、不景気と呼ばれるソフト販売業界にあって一人勝ちの状況です。
その秘密は、組織全体にあるふれる笑い。

本社社屋前の電柱にまともに雷が落ちた日のこと。
私は午後、コンサルティングで訪問したのですが、本社内は停電、
仕方なく、窓から入る明かりを頼りにミーティングをしていました。

ところが、社内が妙に明るいのです。
たちまち「落雷対策本部」が設置され、ちょうど警察映画によく出てくるような
「○○捜査本部」よろしく、長い半紙が部屋の入り口に張り出されました。

停電でパソコンも使えない中、社員はみんなむしろ「災害」に遭った顔などしていず、
普通以上に笑いが満ちていました。
ペンが落ちたと言っては笑い、顔が見えないと言っては笑い。

このとき私は、この会社の快進撃の秘密をはっきりと知りました。
そうです。
笑いと笑顔、そして遊び心のパワーなのです。

『気づいた人はうまくいく!』日経新聞出版社


東日本大震災では、一ヶ月たった今でも、電気も水道も復旧していないところがあるという。
直接被災はしなかった周辺の多くの県では、計画停電が行われた。
そして、この夏にもまた計画停電が行われそうだ。

しかしながら、多くの企業や、個人や、家庭で、ほんの少し我慢して、
節約すればこの夏は案外なんとかなるような気もする。

それは、直接被災しなかった周辺の県の企業や個人や家庭が、
この不便さや、節約を深刻にとらえず、笑いに変えること。

戦後最大の大災害。
色々な問題もなかなか解決せず、胸がきりきり痛むような焦燥感。
それらの、不安、恐怖、心配、を払拭する最高の方法が笑うこと。

電気ひとつで暗くなるような職場なら…

どんな難問題がきても、笑い飛ばせる明るさを持ちたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る