ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.4.10

誰と一緒に

小林正観さんの心に響く言葉より…

お釈迦さまの第一の尊者と言われた、アーナンダはあるときお釈迦さまにこう言ったそうです。

「お師匠さま、今日、私はあることで突然、頭の中に閃(ひらめ)きが生じました。
私たちは《聖なる道》というのを追い求めているわけですが、
もしかしたら、よき友を得るということは
《聖なる道》の半ばを手に入れたと言っていいのではないでしょうか」

《聖なる道》というのは、自分の中に悩み、苦しみ、煩悩がなくて、
いつも幸せで楽しくて執着がない状態ですね。

すると釈迦は
「アーナンダよ、“良き友”を得られたら、その《聖なる道》の半ばを手に入れたということではない」
と言ったんです。

釈迦は言葉を続けて
「アーナンダよ、良き友を得ることは《聖なる道》の半ばではなく
《聖なる道》のすべてを手に入れることである」。

同じ価値観をもち、同じ方向に向っている人たちを自分の友人にすることが、実は人生のすべてなんです。

『で、何が問題なんですか』弘園社


どこへ行くかというより、「誰と一緒に行くか」、何を食べるのかというより、「誰と一緒に食べるのか」…
人生の究極の目的や楽しみは、同じ方向、同じ価値観をもった友がいるかどうかだ、
とお釈迦さまは言ったという。

同じ方向性と、価値観を持った人と一緒なら、どこへ行こうと何を食べようと楽しいし、
反対にどんなに苦しいことでも頑張ることができる。

ただし、いうまでもないことだが、悪の価値観を持った人たちが仲間だとしたら、
本人は気づかなくても、生きながらにして、地獄のような悲惨な世界にいるとしかいいようがない。

その人が、誰と付き合っているか、友人や仲間を見るとその人のレベルが分かる。

怒鳴ったり、人を非難し、文句や、悪口をいい続けているのが仲間なら、
マンションで言えば、自分もそのレベルの階の住人となってしまう。

どんなに高邁な理想を掲げ、世のため人のため、などと言っていても、
実際の言動や行動で、人を脅かしたり、がっくりすることを言って、
まわりの人を嫌な気持にする人が友なら、同じレベルの住人といわざるをえない。

いつも笑顔で、うれしい、楽しい、幸せ、ありがとう、と感謝多き人が友なら、
天国のような階の住人と言える。

世の中が混沌としたときや、自分にパワーがなくなっているときは、
とかく、表面的な言動や、目立つパフォーマンスに惑わされやすい。

「誰と一緒に」、は忘れてはいけないとても大切なこと。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る