ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.4.6

待つこと

舞鶴市の柿本良枝さんの心に響く言葉より…

娘を亡くして二週間ぐらいの頃、この世で一番不幸で、悲しみの真っ只中の時でした。

私の仕事は美容師ですが、店をだれかに譲ろうと、ある人に頼んでいたのです。

そんなとき、お客様の岡村様から電話をいただきました。
「奥さん、あなたが仕事をする気持になるまで待ちますから、パーマをお願いしますよ」

と言ってくださいました。
私は目から熱い涙がポタポタと…。

岡村様も娘さんを亡くされていたのです。
「私は三年目です。あなたの悲しみ、苦しみはよくわかりますよ」
とも言ってくださいました。

その時、私は一番不幸だと思っていたのですが、
多くの方が苦しみ、悲しみを乗り越えておられることに気づきました。

それから、心の中で何かが動きはじめました。
あの電話から五年になりますが、いま温かいお客様に守られ、頑張っています。

(京都府舞鶴市 柿本良枝 61歳)
『涙が出るほどいい話 第8集』河出書房新社


人は、あまりの悲しみや、辛いことに出会うと、何もする気がなくなってしまう。
そんなときは、まわりからいくら励まされようが、どんなにやさしい言葉をかけられようが、行動できない。

「あなたに元気が戻るまで待ちますよ」
慈愛にみちた素敵な言葉だ…

エネルギーは自分でしかチャージできない。
周囲の人はそれをじっと黙って見守るだけ。

悲しみに打ちひしがれている人に必要なのは、
「激励ではなく、共感」、「行動を促すことではなく、待つこと」。

「待つ」時間が、すべてを癒(いや)してくれる。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る