ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.4.5

頑張れという言葉

志賀内泰弘氏の心に響く言葉より…

噺家の柳家小三冶師匠は多趣味で凝り性。
オーディオやオートバイに詳しいことは有名だ。

その師匠が今度は英語の勉強をはじめた。
アメリカへ短期留学するほどの熱の入れよう。
習い始めて、一つの言葉に魅(ひ)かれたという。

道で目の不自由な人を助けたとする。
相手は「サンキュー」と言う。
こちらは「ユア・ウエルカム」と答えるのが常識。
ところが、である。
最近のアメリカでは違うらしい。

「サンキュー」と言われたら、「マイ・プレジャー(My pleasure)」と答えるのだという。
つまり「私の楽しみですから」。
もっと意訳すれば、「わたしゃ好きでやってんだから、気にしないでおくれよ」ってところか。

そのとおり。ボランティアっていういのは、相手のためになんて大上段に構えるとかたくるしい。
「他人の役に立ちたい」という心の奥から湧き上がる自然の気持が大切だ。
つまり、自分自身も楽しいこと。

そういえば、もう一つ思い出した。
「ガンバレ!」と背中をポンと叩いて送り出すとき、英語では「Take it easy」となる。
意訳すれば「気楽にやれよ」だ。
なんともニクイじゃないか。

昇進したとき、旅立ちのとき、卒業するとき、誰もが緊張の中にいる。
そんなとき「ガンバレ!」では気が重い。
肩の力を抜いてこそうまくいゆく。
それこそ相手の気持ちを慮(おもんぱか)ったせりふである。

『元気がでてくる「いい話」』グラフ社

病気で長く入院している人が、見舞いの人から「頑張って」と言われるのはとても辛いという。
こんなに頑張っているのに、もっと頑張れ、というのか、と。

大震災の被災地の方々も異口同音に「頑張って」と言われる。
これも、同様にとても辛いという。

日本では、努力と言う言葉が好きだ。
そして、無意識に、今まで以上の努力を求める言葉、「頑張って」を使ってしまう。

ボランティアも自分が好きだからやっていること。
頑張ってやらねばならないなら、長続きはしない。

人を励ます前に、大事なことは、まず相手と共感すること。

「辛かったですね」
「大変でしたね」
「頑張りましたね」

そして、今頑張っているすべての人たちに、心からのエールを…

「信じています」
「応援してます」
「祈ってます」


そして、「テイク・イット・イージー」



人の心に灯をともす 一覧へ戻る