ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.4.2

重き荷物を投げ捨てる

行徳哲男師の心に響く言葉より…

変化は加速する。
いまや十年一昔などあり得ない。
一年一昔、いや一ヶ月一昔、十日一昔と言ってもいい。

このような激変の時代に対応するには「今泣いた烏(からす)がもう笑う」
子どものようなしなやかさで臨まなくてはならない。
禅的な境地が必要だ。
それが変化の加速を見事に捉(とら)え切る秘訣(ひけつ)である。

変化は断続する。
切断されているから至るところに崖がある。
だから、いつでも身軽に翔(と)べることが大事である。
このような時代に重い荷物を持っていては翔べはしない。

ゆえに、いろいろな持ち物を捨てたり忘れたりすることが必要である。
これからは「忘」と「捨」の時代である。

『感奮語録』致知出版

まさに、今は大激動、大変化の時代だ。
この東北の惨事が夢であって欲しいと何度思ったことか…

我々は、この当たり前の毎日が同じように明日も続くと信じ、今日と明日は連続していると思っている。
しかし、今まで当たり前だと思っていた日常が、ある日を境にそうではないと分かる。

変化とは、今までの当たり前が途切れることだ。
特に、大きな変化の前後には、いたるところに谷や崖ができ、そこで今までの連続性がなくなる。

その崖を跳び越すには身軽になるため、重い荷物は捨てなければならない。
自分の固定観念や、様々なしがらみといった荷物だ。

かつて、日本もバブルの崩壊までは、土地は絶対に上がるという神話が何十年と信じられていた。
銀行や証券会社も倒産しないと思われてきた。
そして、今、絶対に安全と信じられてきた原発が大変なことになっている。

電信電話公社もNTTとなり、auやソフトバンクとの競争となっている。
独占的だった電力も、今後は選択可能な別のエネルギーとの競争になるのかもしれない。

これからの生き方も同じだが、大変化の時代は、
自分の重き荷物を、捨てて忘れるという、やわらかな発想が必要だ。

つまらないことにこだわりすぎたら、翔(と)びたてない。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る