ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.3.20

手をつなぐ

99歳の柴田トヨさんの心に響く言葉より…

『被災者の皆様に』

あぁ なんという
ことでしょう
テレビを見ながら
唯(ただ) 手をあわすばかりです

皆様の心の中は
今も余震がきて
傷痕(きずあと)がさらに
深くなっていると思います

その傷痕に
薬を塗ってあげたい
人間誰しもの気持ちです

私もできることは
ないだろうか? 考えます

もうすぐ百歳になる私
天国に行く日も
近いでしょう

その時は 日射(ひざ)しとなり
そよ風になって
皆様を応援します

これから 辛い日々が
続くでしょうが
朝はかならず やってきます

くじけないで!

『産経新聞』より

震災を報じるテレビで、こんなニュースを見た。

大きな揺れのあと、「津波が来る」と、二人は避難するために自宅を出た。
川沿いに止めた車に乗ろうとした瞬間、濁流が襲いかかった。

流れに引きずり込まれそうになった妻のキエさんを、夫の四郎さんは必死でつかんだ。
手がすべりそうになったが、何とか握りなおし、近くの斜面まで無我夢中で引きずり上げた。

ずぶぬれの二人は励ましあいながら、高架橋の階段をあがり、救助隊に助けられた。

キエさんと四郎さんは74歳。
キエさんは、20年前に白内障を患い、視力をほとんど失った。
以来、どこへ行くにも夫婦一緒だという。
毎日の食事も四郎さんが作る。

「若い頃、苦労をかけたから」と元バスの運転手の四郎さん。

キエさんは、濁流の中でも、手を離さなかった夫に、
「父さん、ありがとね」

50年連れ添った夫婦の絆(きずな)は、大津波をも乗り越えた。

『産経ニュース』より

「手をつなぐ」
「寄り添う」

いまこそ、絆(きずな)が必要とされるときはない。
キヨさんの笑顔と、四郎さんの凛々しい顔がまぶしかった。

朝はかならずやってくる。

「くじけないで!」



人の心に灯をともす 一覧へ戻る