ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.3.10

神さまからのプレゼント

斉藤一人さんの心に響く言葉より…

「神さまからのプレゼント」。
それって、なんだろう。

人間って、おもしろいもんでね。
相手が喜んだとき、自分もうれしくなっちゃう、という「法則」があるんです。
人間の脳というのは、人が喜ぶことをやって、
自分という存在が人に喜ばれたとき、ものスゴくしあわせを感じる。
そういう仕組みになってます。

この仕組みは、天の神さまが、みんなの脳にプログラムして、入れてくれたものなんだ。
って、一人さんは考えてます。

人を喜ばすのに必要なものも、神さまが各々(おのおの)につけてくれています。
これが、一人さんがいう、「神さまからのプレゼント」。

このプレゼントを使ってみたらどうだろう。
このプレゼントは、特殊な才能をもった人だけに与えられているわけじゃない。
特別な才能があろうが、なかろうが関係なく、万人にひとしく神さまからプレゼントは贈られてるんです。

人が喜ぶことって、いろいろあるんです。
そのなかから、
「自分がもってるものを使って、自分ができる範囲で人を喜ばすこと、なにかできないだろうか」
そうやって探してみたらどうだろう。

人を喜ばすって、みんなが思ってるほど、難しいことじゃないんだ。
たとえば、女性に「いつも、キレイだね〜」って、いってあげたっていいし。
外で食事をしたとき、お店の人に「おいしかったよ」というのもいい。
友だちやなんかと会ったら、「あなたと会えて、うれしいよ」とか。
会社に行ったら、上司や社長に「この会社で働けて、私はついてます。感謝してます」とか。
そういう言葉をいっても喜ばせることができる。

私自身は、人を喜ばせる以上の楽しみは「ない」と確信してるんです。
実際に自分がやってみての感想だよ。
神がくれた、本当の楽しみ。
だと、私は思ってます。

『愛される人生』KKロングセラーズ

神さまからのプレゼント、それは、「人を喜ばせる才能」
これは、誰にでも備わっているもの、と斉藤一人さんはいう。

人を喜ばせるには、特殊な才能は必要ない。
たとえば、その場を明るくし、和やかにし、温かくする言葉を使うこと。

「まわりに、楽しい人がいない」、「毎日、面白いことがない」、「誰も、誘ってくれる人がいない」、
と嘆いているだけでは、永遠に幸せな人生は歩めない。

誰かが何かをしてくれるのを待つのではなく、自分から人を喜ばせることをしてみたら、
毎日が少しずつ変わるかもしれない。

人を喜ばせるのは、大きなことでなくてもいい。
毎日、身の回りの誰かに、よき言葉を掛け、ニッコリさせるだけでいい。

たとえ冗談でも、相手が、反発したり、ギャフンとしたり、がっかりしてしまったり、
という、嫌な気持ちにさせてしまっては失敗だ。
ブラックジョークは普通の人が使ったら、あまりいい結果にはならない。

人を喜ばせるには、初めはあまりバリエーションは必要ない。

女性には、「いつもキレイですね!」
食堂では、「おいしかったです。ごちそうさま!」
友だちには、「会えてうれしかった!」
先輩、上司には、「いつもお世話になります。感謝してます!」

と、パターンを決め、同じことをくりかえしいうことだ。
言い続けると、やがてそれが習慣となり、自然と口から出るようになる。

神さまからのプレゼント「人を喜ばせる才能」、をもっともっと磨きたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る