ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.3.8

運力がある人

天外伺朗(てんげしろう)氏の心に響く言葉より…

運命というのは、海の波と同じようなものではないか。
たしかに目で見るとピークがあり、ボトムもある。
しかし、ボトムといえどもエネルギーがないわけではない。
ピークとまったく同じエネルギーを保有する。

つまり、人生で次々に遭遇する出来事には「いい運命」も「悪い運命」もなく、
宇宙はヒタヒタと同じだけのエネルギーを運んでくる。
それに私たちが、勝手に「いい」とか、「悪い」とかレッテルを貼っているにすぎないのだ。

病気になったときでも、「コンチクショー、何でこんな病気になったんだ!」と思えば、
「悪い運命」だし、「おかげでこんな気づきが得られた」と思えば「いい運命」になる。

「運命を変えたい」という願望は、波のボトムを逃れて、ずーっとピークにとどまりたいということだ。
これは、はっきりいって無理な相談だ。
ピークだけの波は存在しない。

ピークとボトムでお互いにエネルギーを交換するからこそ、波ができ、進んでいくことができる。
つまり、ボトムをしっかりとしのぐことが、次のピークを迎える準備になるのだ。

ところが、人間というのは哀しい生き物である。
ピークのときはこれが永遠に続くと思い、自分は実力があるからこの状態が正常だと錯覚する。
ボトムのときは「こんなはずはない」、「何かがおかしい」ともがき、早くピークに戻らなければ、とあせる。

人生がおかしくなる、ひとつの典型的なパターンが、ボトムのときにあせりまくり、
ジタバタして道をふみはずしてしまうことだ。
つまり、自分で「悪い運命」というレッテルを、あまりにも強固に張りつけるものだから、
まさにそのレッテルどおりに自らを追い込んでしまう。

私たちが遭遇する出来事は、本当はどれも「宇宙のはからい」なのだ。
「悪い運命」というのは外からくるのではなく、本人の精神的な未熟さが、
それを捏造(ねつぞう)してしまうのである。

人は、精神的な成長が進むと、ピークでも有頂天にならず、ボトムでもあせることなく、
執着を手放し、淡々と生き、「宇宙のはからい」をそのまま受けとることができるようになる。
そういう人を「運力」がある、という。

災難にあう時節には、災難にあうがよく候。
死ぬ時節には、死ぬがよく候。
これはこれ災難ののがれる妙法にて候
(良寛)

あのときのあの苦しみも、
あのときのあの悲しみも、
みんな肥料になったんだなぁ 
自分が自分になるための
(相田みつを)

『経営者の運力』講談社

運とは、波のようなもので、ボトム(底)だけが続くこともないし、ピーク(頂上)だけになることもない、という。

波は、ピークのときはポテンシャルエネルギーは最大となるが、速度エネルギーはゼロとなる。
また、ボトムのときは、その反対にポテンシャルエネルギーはゼロだが、速度エネルギーは最大となる。
両方のエネルギーを合計すると、ピークもボトムもなく、どの位置を取ってもエネルギー量は同じだと、
天外氏は言う。

ジェットコースターの頂上にたどり着いたときには、一瞬、速度はなくなる。
しかし、頂上から急降下して、谷底に着くときにはスピードは一番早くなっている。

我々は、うまく行かなくなって、どん底に落ちたとき、それがいつまでも続く気がする。
つまり、駄目になるスピードがどんどん加速している感じとなる。

しかし、波の原理からいうなら、底に着いたときには、ポテンシャルエネルギーはゼロ。
ということは、どん底にいるときは、ジタバタせず、ゆっくりとして、英気を養った方がいい。
すると、どん底から反転して、頂上に向かって、スピードをつけて登っていく。

どん底のときを、悪い運命と思えば、悪い運命となり、それを「ありがたい」と思えば、「いい運命」となる。

「勝っておごらず、負けてくさらず」の気持ちで、運力がある人になりたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る