ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.2.26

相手をニッコリさせるゲーム

小山薫堂氏の心に響く言葉より…

タクシーに乗った瞬間、不穏な空気を感じることがあります。
運転手さんの顔が笑ってない。
行き先を告げても、返事もしない…。

たいていの人は、「わっ、イヤなやつに当っちゃった」と、自分の不運を嘆くのではないでしょうか。
でも、こんなとき僕は「チャンス!」と思うようにしています。

「よし、この不機嫌な運転手さんを、なんとかニッコリさせてみせる」と、
自分で自分に賭けを仕掛けて、燃えるわけです。

僕がやるのは、まずこのタクシーの運転手さんの立場に立ってみることです。
運転手さんも大変です。
昨日から寝ないでずっと走っているんだから。
今日なんかお昼ごはんも食べてない。
でも、そんなに頑張っても、不況でお客さんは減る一方。

あくまでも想像ですよ。
想像の世界で、「そりゃ、口ききたくないのもわかるよ」と運転手さんの身になってみるわけです。
「大変だよね」って思った瞬間に、空気が変わるっていうんでしょうか。
最初に感じた不穏なピリピリ感がなくなります。

その上で、おもむろに話しかけてみます。
「今日は、案外とすいてますね」
「あっ、その先、事故ですかねぇ」

これは面白いゲームなんだと思えば、あの手この手と作戦を考えるのも苦ではない。
相変わらず無視され続けても、かえってチャレンジ精神がかき立てられるというものです。

『小山薫堂 つながる技術』PHP研究所

相手をニッコリさせるゲームは色々なところで仕掛けられる。

レストランや食堂で、つまらなそうにサービスしているウエイトレスにも…
コンビニで、ぶっきらぼうにレジを打っている店員にも…
クリーニング屋さんで、不機嫌そうに受付してる係の人にも…
そして、会社の部下にも、自分の夫(妻)にも、友人にも…

昨今は、「お客様は神様」とばかり、お金をだせば神様扱いされるのが当然で、
ぞんざいに扱われでもしたら、メチャクチャなクレームになるパターンがも多い。

会社では異常に気を使うが、お金を払う立場になった途端、「気配りの気配すらない状態」になる人もいる。

たとえ通りすがりの人であっても、誰かを喜ばせ、ニッコリとさせれば、結局は自分がうれしくなる。
反対に、相手が不機嫌だからと言って、自分まで不機嫌になってしまったら、
たとえ短時間であっても、一緒に過ごすその時間は全くムダで、つまらないものとなってしまう。

長い人生、不機嫌で生きるより、笑顔に囲まれて過ごした方がよっぽど楽しく生きられる。
どんなときにも、相手をニッコリ笑わせる人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る