ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.2.21

スランプのひまなし

城山三郎氏の心に響く言葉より…

慈善事業から企業に至るまで、近代日本の枠組みは、ほとんど渋沢栄一の力を借りている、といっていい。
その死に当って、市井の一運転手が、
「あの人には、なんとなく世話になった気がする」
といい、立場が逆の左翼系の歌人まで追悼歌をうたった、という人である。

91年のその生涯には、何度か、危機というか、逆境があった。
そこを克服したのは、何よりも彼の人一倍旺盛な知的好奇心のせいであった。

倒幕運動が露見して、命からがら京都の一橋家に逃げ込んだとき、
彼は雇われてもいないのに、一橋家とは何か、毎日どんな生活が行われているか、
台所はどうなっているか等々、知り得る限りのことを勉強した。

彼が一橋慶喜の目にとまるようになったのは、逃げ込んできた一百姓にすぎないのにもかかわらず、
実によく一橋家のことを知り、どうあるべきかについて意見を持っていたからである。

二度目の挫折は、使節団の随員として、パリへ行かされることになったことだ。
攘夷論者でもあった渋沢としては、心外な人事であった。
だいいち、パリがどこに在るのかも知らなかった。
その渋沢がパリに着くと、しかし、開国派の侍以上に、パリのことを猛勉強する。
朝起きてから、夜寝るまで、目につくもの、すべてを記録してかかる。

彼が日本に戻ってきたとき、すでに幕府は倒れ、彼は失業者の身であったが、
彼がパリで猛勉強したというそのことのために、大蔵省に招かれて、中堅幹部になる。

だが、その大蔵省は薩長主導型で、ろくな仕事は与えられない。
すると、渋沢は今度は「改正掛」という勉強会をつくって、仕事の終わった後、
外国の制度などについて、若手たちといっしょの勉強を始める…。

そうした渋沢の人生をみていると、逆境に置かれても、逆境を意識しているひまがない、という感じである。
もちろん、スランプに陥る時間もない。

どんな仕事に就かされても、どんな土地に行っても、必ずその行く先には勉強することがあるはず。
日頃から、知的好奇心のために、せっせと燃料を補給するくせをつけておくことである。

『打たれ強く生きる』日本経済新聞社

誰にも、逆境もあれば、スランプもある。
同様に、深い谷もあれば、高い山もある。

古来より、そのスランプという、谷の時期は、「充電のとき」と言われている。
来るべきチャンスの時にそなえ、ジタバタ動かず、勉強する時だ。

左遷、倒産、解雇、降格、という逆境のときには気持ちが萎(な)え、失意の底に落ちる。
人は不運を嘆き悲しんでいるときは、行動をおこすことができない。

しかし、どん底という、「底」に着いたら、次のステップに向け、充電が必要だ。
どんな逆境にさらされようと、知的好奇心を失わず、「スランプのひまなし」の気持で生きてみたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る