ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.2.20

八百万(やおよろず)の神々

三橋健(みつはしたけし)氏の心に響く言葉より…

本居宣長(もとおりのりなが)は、『古事記伝』において、「カミ」を定義して、
「カミ」とは古典に記されている天の神・地の神たちをはじめ、鳥、獣、木、草、海、山など、
何であれ優れたるもの、かしこいものであると説いている。

「優れたる」とは、「尊きもの」だけでなく、「悪(あ)しきもの、奇(あや)しきもの」も入るとし、
さらに貴きも賤(いやし)きも、強きも弱きも、善きも悪しきもあると述べている。

ただ、そのようなものであっても、人の崇敬(すうけい)によって尊い神になるのであり、
人の崇敬がなかったら、神は妖怪変化へと零落(れいらく)するのである。

「八百万(やおよろず)の神」の思想の根底には、天地自然との共存共栄がある。

日本の神の中には、地域の神社にまつられている鎮守(ちんじゅ)の神、
道端の小さな祠(ほこら)にまつられている神々、
家のなかの神々、あるいは山・川・海・野などにまつられている神々、
古代の指導者や有力者を神格化した、いわば人霊が神としてまつられる例もある。

古代の人々は、自然と密着して暮らしていた。
しかし、この自然は恵みをもたらすかわりに、ときには猛威をふるった。
祖先たちはそこに人知を超えたものを感じ、まわりにある木、草、山、川、岩、風、雷など
あらゆる自然物に霊が宿ると信じ、それらを恐怖や畏怖の念をもって崇拝した。
そこに山の神、川の神、風の神などが成立していったと考えられる。

日本には多くの神々が存在するが、絶対の力をもった全知全能の神はいない。
神々はそれぞれにご利益を分担していて、人びともそのことをよく知っている。
受験生は天神さんに祈願し、縁結びは出雲の神様にお願いし、安産は水天宮(すいてんぐう)に祈願する。

日本人の神に対する考え方の特徴の一つに、神仏習合思想がある。
仏教が伝来しても、神々への信仰を捨てる必要を感じなかったし、仏は神の仲間であり、
それほど異質とは感じなかった。
日本の神々は、本地である仏・菩薩(ぼさつ)が人びとを救うために権(か)りにこの世に現われた姿、
すなわち権現(ごんげん)であると考えたのである。

さらに日本人は、仏教だけでなく、インド、中国、朝鮮半島などから渡来したさまざまな神を拒絶することなく、
むしろ共生させてきた。
これは世界の宗教史上でも注目すべきことである。

『日本の神々と神社』青春新書

明治の時代に、神様になった実在の人物がいる。

明治28年、九州佐賀で、死の病と恐れられたコレラが爆発的に流行した。
当時、佐賀の高串(たかぐし)地区にコレラ対策で派遣された増田敬太郎巡査は、
警察学校を出たばかりの新任の巡査だった。

村人達が病気の感染を恐れ、しりごみする中、一人で家の消毒をしたり、
コレラで亡くなった遺体を背負って埋葬したり、病人の看病をする等、不眠不休で対策に取り組んだ。
しかし、疲れきった増田巡査にも容赦なくコレラは襲い掛かり、
警察官になってまだ7日目の、27歳という若さで亡くなってしまった。

「私は、もはや回復の見込みはありません。
しかし、私が全部コレラを背負って行きますから安心してください」と遺言を残したそうだ。
その後、遺言通り、コレラが収まったという。
その献身的な行為に対し、村人は増田巡査を警神(けいしん)と称(たた)え、
増田神社として祀(まつ)っているという。

『巡査大明神全傳』(増田神社奉賛会)より抜粋引用

100年以上たった今でも、増田巡査の偉業と徳を称え、毎年増田祭りが行われているそうだ。

偉人の伝記や伝説は世界にはたくさんあるが、偉人の神社を造り、しかも毎年お祭りをし、
称えている国は日本以外には恐らくあまりないだろう。
しかも、それは、世に有名な偉人ではなく、いかにも身近にいそうな徳の高い人物。

神様になるのに、肩書や地位、年齢は問われない。
そこでは、「世のため人のためにいかに尽くしたか」、という無償の行為が問われるだけだ。

日本では、八百万の神や、それを祭る神社は、人びとが崇敬の念や、
畏敬の念を忘れないための場としては非常に重要なところだ。

世のため人のために尽くせば、神様にもなれる日本。
もっと日本の神々を崇敬し、その教えを後世に伝えたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る