ご注文はこちらから


パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.2.7

人のやさしさは涙の量に比例する

坂本光司教授の心に響く言葉より…

今、企業がいちばん求めている人財は、知識やノウハウ、あるいはテクニックの保有ではなく、
やさしさや組織の仲間のことを思いやる心、つまり利他の心をもった人である。

物的にほぼ満たされた今日、やさしさこそが、社会がいちばん飢えているものだからだ。
だから多くの企業は、採用、社内教育にあたっては、
やさしさと、利他の心をもった社員を採用、育成したいと考えている。

学生や社会人も、このやさしさ、利他の心を高める生き方、学び方を心がけるべきなのだ。
こうした人財になるためのいちばんよい方法は、
心やさしい利他の心をもって人生を生きている人々の言動に真摯(しんし)に学ぶことである。

それとともに、心洗われる書物を意識的に読んだり、利他の心あふれる場所に出かけてみたりする。
そして恥ずることはない。
人の苦しみ、悲しみ、喜びに触れ、涙することだ。

私の経験からいえば、人のやさしさは涙の量に比例するのだから。

『経営者の手帳』あさ出版

どんなに数字をあげる力があろうが、技術を持っていようが、
思いやりのない自己中心的な人間は、結局企業や組織からは必要とされなくなる。
なぜなら、他人の幸せをはかるという利他の心がなければ、企業も人も、長くは生き残れないからだ。

どんな企業でも組織でも、その存在する意義は、「顧客の喜び」のためにある。
顧客の喜びや幸せを考えることができる人は、利他の心を持った人。

他人の痛みや悲しみが分からなければ、利他心や思いやりの心は生まれない。
そのためには、できる限り感動の場面に立会い、感性豊かな人たちと付き合うこと。

昨今は、マスコミやツイッターでの何気ない発言が大問題となることがある。
そのほとんどが、人の気持ちがわからない思いやりのなさや、
人の心を踏みにじるような利己的な発言に端を発している。

企業や店舗の苦情も、このやさしさや気配りの足りないことからくるものが多い。

人の痛みや悲しみを感じ、涙できる人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る