ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2011.1.28

心で記憶できる人

島田紳助氏の心に響く言葉より…

漫才ではなく、「タレント」として売れるためにはどうしたらいいか?
「バラエティ」というだけあって、色んなことをしなければいけないし、
「すべてのスペシャリスト」みたいな顔をしていないといけない。
でも、タレントなんて頭悪いし、時間もないし、努力するのも嫌いだし。
じゃ、どうしたらいいのか?

もう、これはほとんどペテンをやるしかないでしょう。
一分野につき一箇所を掘り下げて、全部を知ってるような顔をすればいいんです。
野球でも音楽でもそうです。
一個だけ強いものをつくる。
全部を知っている必要はない。

あとは、この詳しい一分野一箇所を増やしていったらいいだけ。
ただし、嘘はいけない。
嘘はすぐばれます。
一文や一箇所に詳しくなるなら、その一箇所を本当に好きにならくてはいけません。

そのためには、野球だったらその選手を観に球場まで、
音楽だったらその歌手を観にコンサートまで、必ず行くようにしましょう。

そして「心」で記憶するんです。
本で読んで「頭」で記憶しただけでは、すぐボロが出ます。
「心」で記憶したことは一生忘れません。

僕が経営している「バー はせ川」という店ではライヴをやっている。
そこで最近ひとつわかったことがあります。
何人かのシンガーがいて、中でもRYOEIというやつはめちゃめちゃ上手い。
あまりにいい歌を歌うから、時々、泣いてしまうお客さんもいます。

そこにはタレントも遊びに来てくれるんですが、普通のお客さんよりもタレントの方がよく泣くんですね。
そして、売れてるタレントほど、よく泣くという法則があります。
笑福亭笑瓶とガダルカナル・タカがふたりで来て、
あいつらなんてもうおっさんなのに、それでも泣いてましたね。
一方で、小池栄子みたいな若い子も一曲目から泣いてました。

僕はそれをみていて思った。
「あぁ、これやな」と。
「この人らは心で記憶できる人たちや」と。

数年後に、RYOEIが有名になったとしましょう。
その時に、以前ライヴを観たことがある人がインタヴューされる。
そこで、ライヴ観たけど、泣いてない人は、
「いや、この子ね、前からめちゃめちゃ上手かったんよ。
私、ライヴ何回も観に行ってて、“はせ川”で歌うてて、すごい上手かって、
あん時から売れる思うててん…」
と言う風に言葉を重ねていくと思います。

それに対して、泣いた人は、
「初め聴いた時、私ね、なんやわからへんけど、涙がとまらへんかったんですわ…」
という風に訥々と語ると思うんです。

そのどっちが人に伝わるのか?
やっぱり後者でしょう。

それは、前者は「頭」で記憶したこと、後者は「心」で記憶したことだから。
だから、絶えず「心」で記憶できるよう、いつでも「感じ」られるよう、「心」を敏感にしていないといけないんです。

『自己プロデュース力』ヨシモトブックス

タレントや俳優は、人に何かを伝えることができなければ生き残れない。
いや、一般の誰にしても、人に伝えることがヘタだったら、人生では随分と損をすることになる。

頭で記憶したことは、相手には伝わりにくい。
講演会などで、人気がある講師は、自分の言葉で話し、自分が感じたことを伝える人だ。

売れているタレントは、テレビで見ていても、感動する場面でよく泣く。
感性が豊かだからだ。

感性とは、感受性であり、ときめきであり、はっとすることであり、喜怒哀楽である。

人は、理や知では動かない。
感じるからこそ動くのだ。
だから、「感動」という。

何事も、頭で記憶するのではなく、心で感じ、心で記憶できる人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る