ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.12.29

森のイスキア

佐藤初女(はつめ)さんの心に響く言葉より…

初めて「森のイスキア」を訪れる人は、たいてい、緊張の面持ちで玄関に立たれます。
特に悩みを持つ若い人は、とにかくここまで来てみたという感じで、その先は何も考えられない様子です。

「森のイスキア」がどんなところなのか、何から話せばいいのか、
ここで何をしたらいいのか、わからないことばかりで緊張のかたまりといった感じです。

私は神さまがここまでお連れくださった方がくつろげるよう、自由にしていただいています。
すぐ話を始める人もいるし、「森のイスキア」の空気や風を味わうように庭を散策する人もいます。

お話を聞くときは、耳と心を澄ませ、相手のありのまま受け入れるようにしています。
お母さんの気持ちで、「条件なしに受け入れる」ということがいちばん大事だと思っているのです。

私のほうから、質問したり解決策を提案したりということはしていません。
そのようにして、相手の方と私、二人で共有するおだやかな時間が生まれます。

いろいろな人が訪れるので、ときにはスタッフが受け入れに躊躇(ちゅうちょ)する場合もあるようです。
でも、たとえその人が以前、よくないことをしたことがあっても、
「いま」正しく生きていれば、それでいいと私は思うのです。

「森のイスキア」は、行き場に迷う人が、とりあえず一息つける場所でありたいと思います。
だれでも自分を卑下したり負い目を感じることなく、ありのままを認めてもらえたら、
きっと気持ちが楽になり、そのあとはいい方向へ生きていけると思います。

『あなたに喜んでもらえるように』海竜社

佐藤初女さんは、1921年生まれの89歳。
青森県岩木山の麓(ふもと)で「森のイスキア」という、癒しの家を主宰している。
ここには、心を病んだ人、傷ついた人、問題を抱えた人、いろいろな人たちが訪れ、
初女さんが作るおにぎりや料理を食べ、話を聞いてもらい、そして自然に元気になって帰っていく。
「地球交響曲(ガイアシンフォニー)第2番」に出演し、世に知られるようになった。

初女さんは、「迷ったときは急がない。とどまって休むことも必要」という。
現代人は、解決を急ぎすぎ、待つことができない。

人の話を、黙って聞き続けることがいかに難しいことか。
相手に、質問もしないし、提案や示唆もしない。
そして、条件なしに受け入れ、相手を認めること。
それだけで、人はパワーを回復し、元気になるという。

その行動の原点は「あなたに喜んでもらえるように」という気持ち。
人の喜びのために、人生をおくることができたら幸せだ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る