ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.12.23

旅は誰と行くかが大事

五日市剛氏の心に響く言葉より…

旅を最高に楽しむ秘訣があるとするならば、それは何だと思いますか?
多くの方は、旅先の選択が大事と答えるかもしれませんが、
実は「どこへ行くのか」はそれほど重要ではありません。

思い出深い、楽しい旅にするための一番のポイントは、「誰と行くか」。
その次に、「誰に案内してもらうか」が大事なようです。

それでは、人生という長〜い旅をもっとも実りあるものにする秘訣があるとするなら、それは何でしょうか?
先ほどの話に重ね合わせると、まず大事なことは、「誰と行くか」。
つまり「誰と一緒に人生を歩むか」です。
配偶者、恋人、親友、家族… 
そうしたかけがえのない「生涯の仲間」に恵まれると最高ですよね〜。
仲間が多ければ多いほど、楽しい人生になるはずです。

次に大事なことは「誰に案内してもらうか」、つまり肝心なときに誰にナビゲートしてもらうか。
人生の節々で必要な教えを誰に乞うかということです。
それがメンターであったり、尊敬する人、師匠と呼ばれる人であったりと、人それぞれですよね。
そうした方々とのご縁は本当に貴重です。

そして三番目が「どこに行くか」。
自分が向う先はどこかということで、たとえば人生の目標や夢。
具体的には、望んでいる進学先や就職先などをさす場合もあります。

『こころに おひさま、ありがとう』経済界

輪廻のことを書いてある本を読むと、我々は、同時期に何回も、
同じ魂のグループで、生まれ変わっている、と書かれている。
それをソウルメイトといい、魂の仲間ともいうそうだ。

演劇も、映画も、コンサートも、美術館も、食事も、誰と行くかが大事だ。
気の合わない人と行くと悲惨なことになる。
特に、食事は一緒に食べる人により、まったく楽しめないときがある。

江戸時代は、熊野三山や伊勢神宮を詣でたり、富士山などへ登るときに、案内をする人がいた。
それらのガイド役を、御師(おんし)と呼んだり、先達(せんだつ)と言った。
特に、富士山は先達がいなければ、危険で登れなかったという。

人生にも、先達という案内役が必要だ。
自分にとって最高の師を選ぶことができれば、有意義で価値ある人生をおくることができる。
しかし、師を持たなければ迷い、惑(まど)う人生となる。

人生は、「どこへ行くか」という、「目標」や、「夢」を持つことが、最も大切だと言われる。
もちろん、それが重要なことは言うまでもないが、その夢を実現するのに、
「誰と一緒に行くのか」、「誰をメンターにするのか」、ということの必要性が意外に忘れられている。

よき師を選び、よき仲間を選び、自らの夢の実現に向かって歩みたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る