ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.12.18

毎年届くクリスマスケーキ

「涙が出るほどいい話」の中から、心に響く言葉を…

私が父を亡くしたのは、小学校へ入学したばかりの春でした。
オートバイで土手を走っていて、歩いている人をよけようとしてハンドルをあやまり、
オートバイごと転げ落ちてしまいました。

お酒を飲んでいたのです。
そして不運にも相手の人をも巻き込んでしまったのです。
二人とも瀕死(ひんし)の重症を負い、打ち所が悪かった父は三日後に亡くなり、
相手の方がなんとか助かったのだけがせめてもの救いでした。

一家の大黒柱を亡くした我が家は、幸せの絶頂から奈落(ならく)の底へと落ちてしまいました。
耳の不自由な祖母は、何かの役に立とうと腰を二つに折りながら畑仕事に精を出し、
母は一家を支えるために早朝から夜遅くまで機(はた)を織(お)る。

そんなころ、毎年クリスマスになると、大きなケーキとプレゼントが届くのを楽しみに待っていたものでした。
その贈り主が、父が交通事故に遭(あ)わせてしまった人からだと知ったのは、何年もしてからでした。
自分も瀕死の重傷を負いながら、こんな形で見守ってくださっていたとは…。

(京都府 菅原敏子)

『涙が出るほどいい話』(第1集)河出文庫 

交通事故で、しかも酒酔い運転で、相手から重症を負わされたとしたら、その人を許す人など皆無に近い。
特に昨今は皆、被害者意識が強く、その傾向は顕著(けんちょ)だ。

「不幸な人は、人を許せない人に多い」とは、斎藤一人さんの言葉だ。

相手を非難し、呪(のろ)い、罵詈雑言(ばりぞうごん)を浴びせれば、
自分の無くしたものが戻ってくるなら、やったらいい。

しかし、相手を、「一生許さない!」と、そのことだけに執念を燃やし、
膨大(ぼうだい)な時間を費やすのは、あまりに、つまらない人生だ。

自分が何の落ち度もない被害者なのに、それでもなお、相手を許す、
というのは普通の人間にとって至難のわざかもしれない。
しかし、そんな非難の呪縛(じゅばく)から逃れ、忘れることで、新たな一歩をあゆむことができる。

荘子に興味深い寓話(ぐうわ)がある。
「川に浮かんでいる空船(からぶね)が、自分の船にぶつかってきても誰も文句は言わないが、
もしその船に人が乗っていたら怒り出す」

事故のとき、それが止まっている無人の車だったら、怒り出す人はいないだろう。

明るい方向に焦点(しょうてん)をあて、小さな「許し」を積み重ねていきたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る