ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.12.14

生前(せいぜん)という言葉

小林正観氏の心に響く言葉より…

「生前(せいぜん)」という言葉があります。
「生まれる前」と書きます。
「生前、あのかたが使っていたものです」というような使い方をします。
意味としては、「生きていたとき」「死ぬ前」ということです。
常識的に考えると、「死前」と書かなくてはいけないはずでした。

似た言葉に、「大往生(だいおうじょう)」という言葉があります。
「往生」は死ぬこと、「大往生」は「安らかに穏やかに死ぬこと」です。
「往生」は、「生(の世界に)往(ゆ)く」と書きます。
これも、本来なら、「往死」「死(の世界)に往く」と書くべきところでした。

どうも、昔の人たちは、「あの世」があると思っていたようです。
さらに、「あの世」のほうが「ほんとうの生」の世界であって、
こちらの世界は「仮の世」と思っていた節があります。

『幸も不幸もないんですよ』マキノ出版

お葬式などで、遺族から、「生前はお世話になりました」という挨拶はよく聞く。
しかしながら、よく考えると、「生前」ではなく「死前」の方が正しいような気もする。

生前は、「生まれる前」で、つまり仏教の輪廻でいう、前世(ぜんせい)のことだ。
生まれる前の世界がある、という考え方は、
「前世を記憶する子供たち」、「臨死体験」というような本で多く発表されている。

斉藤一人さんは、目に見えない世界は大事だ、しかしそれにのめり込んではいけない、という。
「高い崖(がけ)から身を乗り出して、下をのぞいているとき、
二、三割くらい体を乗り出すなら崖から下には落ちない。
しかし、七、八割も身を乗り出してしまうと、崖から下に落ちてしまう」

目に見えない世界、魂の世界は信じないより信じたほうがいい。
人間の幅や、厚みや、深みが圧倒的に違ってくるからだ。

しかし、あまりその世界に入り込みすぎると、自分を見失ってしまう。
我々が生きているのは、この現世(げんせい)であり、ここでの修行や行動が一番大切だからだ。

禅では、それを「今、ここ」すなわち「即今(そっこん)」という。

もしかしたら「あの世」が本当の世界で、「この世」は仮の世なのかもしれないが、
だからこそ、「今ここ」を力の限り精一杯生き、世の中のお役に立つことをする必要があると思う。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る