ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.12.13

受け取らない修行

中野東禅住職の心に響く言葉より…

お釈迦さまと弟子たちが托鉢して歩いているときのこと、ある町民が文句を言ってきました。

「おまえたちは托鉢と言いながら、人に物をもらって生きているではないか。
俺たちはこうして額に汗して働いているのに」
と、お釈迦さまは延々と続く文句を黙って聞いていました。

やがて町民が言い疲れて黙ると、お釈迦さまはやおら口を開きました。
「言いたいのはそれだけですか?」
「そうだ」
「じゃ、さようなら」。
そんなやりとりで、一行はその場を立ち去りました。

しかし、弟子たちは納得がいきません。
「お釈迦さま、どうして黙っていたのですか」と詰め寄ります。
お釈迦さまは言いました。
「おまえたちは、誰かが毒蛇を持ってきたら受け取るのか」
「まさか、受け取るわけがありません」

「受け取らなければ、その毒蛇は誰のものになる?」
「持ってきた人がそのまま持ち帰るしかないでしょう」

「そうだろう。だから先ほど私は悪口という毒蛇を受け取らなかったのだ。
悪口という汚れた心は、あの人が持って帰ったのだよ」

『名僧の一言』知的生き方文庫

「天に唾(つば)する」という言葉がある。
天に向って唾(つば)を吐(は)けば、唾は自分の顔に降りかかる。

「悪事身に返る」ともいい、自分の犯した悪事はめぐりめぐって自分に返り、
やがて自分を苦しめることになる。

誰かに面(めん)と向って、非難されたり、罵(ののし)られたりすると、心中は穏やかではない。
いつまでも傷(きず)となって残ってしまうこともある。

しかし、我々には、言葉も、態度も、「受け取らない」という選択がある。
聞き流したり、よけたりするのだ。

真面目なひとは、毒でも受け取らなければならないと思い込んでいるが、
吐いた毒は、誰も受け取らなければ、自分で持って帰るしかない。

ときには、ニコニコ笑って「受け取らない」、という修行も必要だ。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る