ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.12.11

親の生き様(ざま)

田中信生氏の心に響く言葉より…

銀行主催の講演会で、地元の商店主のみなさんにお話する機会がありました。
話が終わり、質疑応答の時間になりました。
一人の方が手を挙げました。
その人は魚屋の主人で、三人息子がいます。
丁稚奉公から始まって、苦労して店をもったのに、だれも店を継ごうとしない。
一代で終わらすのは忍びない。
なんとかならないだろうか?
そういう質問でした。

私ははこう言いました。
「お父さん、それは簡単です」
全員の注意がグッとこちらに集まりました。

「お父さんが毎日どういうふうに生きておられるかがカギですよ。
『なんで魚屋なんかになっちまったんだべ、スーパーに押されて客は来ないし、この腐れ魚め!
母ちゃん、おまえ配達しろ、オレは寝る』
なんてふうに生きておられるなら、息子さんは絶対にお店を継がないでしょうね。
だって継がないように訓練してるんだもの」

ご主人はフムフムと聞いておられます。
「そうじゃなくて、
『いやーっ、魚屋になってよかった。
お客さんは、この店の魚は活(い)きがいいと言ってくださるし。
スーパーなんかに負けねえ。
母ちゃん、来年は店をこんなふうにやろうな、クルマも新しいの買ってな』
…こんなふうに生きてごらんなさい。
三人のうちの一人ぐらいは、きっとあとを継いでくれますよ」

それから、半年ほど経ったころ、私はすっかりそのことを忘れていましたが、
元気のいい魚屋さんが大きな魚を持って訪ねてこられました。
「先生、覚えてますか」と言われて、
「ああ、あのときの」と思い出しました。
「先生、聞いてくれぇ、いやあ、うちの息子が二人も魚屋やるって言うんだ。
おら一人でいいって言うのに」

『そのままのあなたが素晴らしい』だいわ文庫

人から、ああしろ、こうしろ、と上から命令されて、その通り動く人はいない。
会社なら、命令ひとつで動くと思っている人もいるが、それは違う。
人が本当に動くときは、人に言われてではなく、自らの意思で、動きたくなるから動く。

その気にならなければ、ダメなのだ。

「大きな声で元気よく、挨拶をしよう!」といくら掛け声をかけても、
その言っている本人の挨拶が大したことなければ、それに続く人はいない。

理屈や言葉ではなく、実際の行動で示すほうが、より深く相手の胸に響く。
百の言葉より、ひとつぶの涙だ。

自営であれ、会社員であれ、親の生き様が子供に伝わる。
会社から帰ってきて、毎晩、疲れた顔をして、不満や愚痴ばかり言っているなら、
子供は大人には憧(あこが)れない。

「仕事の話を楽しそうにする大人」、「自分の仕事に誇りを持つ大人」、「夢を追いかける大人」
子供が目指し、目標としたくなるような、魅力ある大人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る