ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.12.9

心ではなく行動を変えること

野口嘉則(よりのり)氏の心に響く言葉より…

心理療法の中には行動療法という分野があります。
行動療法というのは、行動をまずしていくことで、
つまり「形」を実践していくことで心があとからついてくる。
単純に言うとこういう考え方の心理療法なんです。

まず行動、まず形を実践することで、心は、それに見合ったものがあとからできあがりますよ。

たとえば、まず表情を非常に深刻な表情にして、
そして、ちょっとうつむいて姿勢は猫背にしてですね、散歩してごらんになりますと、
たいがいどなたでも気分がめいってきますね。

ということは逆に言うと、表情を明るくしてですね、ほほえみをたたえてですね、
胸をぴんと張って姿勢をよくして、そして、歩くときに少しリズミカルに歩くんです。
こういう感じで散歩をしますと、だんだん気分が明るくなってくるんです。
できれば言葉でも、「ありがたいな」とか、そういう言葉をつぶやきながら歩くと最高です。
これが、行動療法の基本的な考え方です。

ということは、あまり心に焦点を当てないんです。
「心をなんとかしようなんてことをもう手放して、行動をやっていきましょう」と。

『いつだって、うまくいく!』サンマーク出版

「心が変われば、行動が変わる」という言葉がある。
しかし、逆に「行動が変われば、心も変わる」というアプローチのほうがうまくいくという。

心や、意識を急に変えるのはなかなか難しい。
しかし、心はそのままで、ただ行動だけを変え、それを続けるだけでいい。

心の中では、不安や悩みや心配がうずまいていてもいい。
しかし、行動は、ニコっと笑い、胸を張り、両手を振って颯爽(さっそう)と歩く。
同時に、「ありがたいな」、「楽しいな」、「幸せだな」、「ツイてるな」と言葉に出して言ってみる。
これを続けるだけで、いつか心も変わってくるという。

日本古来の武道でも、茶道でも、初心者はまず形から入り、それを身体感覚で覚えさせる。
躾(しつけ)でも、お作法でもそれは同じである。
その形が自分のものになったときに初めて、心や、意識がそれについてくる。

まず、小さな行動を変えること、そしてそれを続けること、そうしたら、心や意識も変わってくる。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る