ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.11.13

偉い人に頭を下げられると嬉しい

精神科医の和田秀樹氏の心に響く言葉より…

「衣食足りて礼節を知る」ということわざがあるけれども、
金持ちになると性格がよくなる人と、性格が悪くなる人の二種類がいる。

少し裕福になったり、地位が上がったりすると威張ってしまうケースは決して少なくない。
サラリーマンでも少し出世すると急に居丈高(いたけだか)になる人もいる。
こうなると、遠からずツキが落ちてしまう。

逆に、金持ちになったり社会的地位が上がっても、偉ぶらず、
さらに謙虚になる人がごく稀(まれ)にいる。
金持ちになってさらに頭を下げるタイプで、こちらは「ツキの好循環」が続くのだ。

近年で典型的な例は、故・小渕恵三首相だろう。
就任したばかりの頃は、大変な不人気総理だった。
言葉は悪いが、バカにされていたといっても過言ではない。
「冷たいピザ」「ボキャ貧」「真空総理」などと野党やマスコミからさんざん揶揄(やゆ)された。

だが、次第に不思議なくらい人気が出た。
その理由のひとつが「ブッチホン」だった。
突然、総理本人から電話がかかってくるのである。
それも、ちょっとした意見をメールした市井(しせい)の人にまで、
こまめに電話してお礼を述べたのである。
総理大臣から電話がかかってきて、お礼を言われたら、誰だって感激するはずだ。

今太閤(いまたいこう)と呼ばれた故・田中角栄氏は、
田んぼの中に革靴で入っていって、泥だらけになりながら、農作業をしている人たちと握手した。
誰もが「おらが村の総理大臣が、どろんこになって握手してくれた」と、
感極まって強力な支持者になった。

偉い人に頭を下げられると嬉しい…人間はきわめて単純にできている。
この真理を理解していると、裕福になったり、地位が高くなったときに、ツキの好循環を続ける。
実際、偉くなればなるほど、頭を下げる価値は上がる。

頭を下げることで偉い人はより賢くなり、さらに偉くなる。
ここにもプラス方向の循環が起きる。
なぜなら、地位が上がれば上がるほど、良質の情報を得やすくなるからである。
社長が部下にものを尋ねれば、懇切丁寧なレクチャーを受けることができるのだ。

威張って頭を下げなくなる人は、わからないことを誰かに尋ねようとしないし、
やがて聞き心地のいいことだけしか受け入れなくなってしまう。

『お金とツキを呼ぶちょっとした「習慣術」』祥伝社黄金文庫

上手くいかなかったとき、我々はよくその原因を探り、分析する。
しかし、運のいい人、ツイている人は、うまくいったときの分析をする。
そして、そのエキスを取り出し、同様に、実践、実行するので、ツキや運がいつまでも続く。
つまり、成功事例を踏襲(とうしゅう)するからだ。

その成功の要因を分析をして、出てきた答えの一つが、どんなに偉くなっても、腰を低くすること。

しかし、腰を低くすることは意外に難しい。
なぜなら誰もが、人から認めてもらいたいし、尊敬を受けたいし、
時に威張りたい、という願いを常に持っているからだ。
ちょっと成功したり、出世したり、或いは年齢を重ねてくると、その傾向は顕著(けんちょ)になる。

よほどの聖人君主でないかぎり、腰を低くし続けることは至難のわざ。
しかし、ツキのある人は、その価値を知っている。
「偉い人に頭を下げられると嬉しい」、「頭を下げることで、情報が入ってくる」、からだ。

ツキの好循環を維持するため、常に腰の低い人でありたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る