ご注文はこちらから

パクチーのサプリメント・パクチーエナジーゴールド(コリアンダーのサプリメント)
トップページ製品紹介特長・成分会社案内特商法に関する表記買い物カゴ


2010.10.25

小事が大事

浜口直太氏の心に響く言葉より…

私の仕事におけるメンターは言いました。

「小さなことを、一つ一つ、きちっとやりきって働くことが大切である。
小さいことも満足にできずして、どうして大事を成し遂げることができようか」

歴史的に偉業を成し遂げた人は、例外なく小さなことを大事にし、やりきってきました。
大きなことも、所詮、小さなことの積み重ねなのです。

メンターは、
「小さいことに“長く”くよくよしてはならない。
しかし、どんな小さいことでも気にして、大いに悩むべきだ。
ただし、いつまでもくよくよせず、一挙に解決すべく全力で体当たりすることだ。」

知人で大きなことばかり言う人がいます。
たとえば、「1兆円稼ごう!」「世界を動かそう!」「イベントをして10万人集めよう!」とかです。

しかし、その人は、遅刻の常習犯で、仕事も事務的なミスが多く、
頼まれたことの期日も守れないことが多々あるのです。
ですから、彼が大きな話をしても、誰も信用しません。

彼という人間をよく知っている人は、彼のために即座に説教をします。
「そんな大きな話をする前に、まず目の前にある仕事をきちっとやりなさい!」と。

「小事が大事」ということは、どんなに小さいことでも、
どんなに重要でなさそうな雑用でも、手を抜かないで真剣にやることです。

『仕事と人生を熱くする、いい話』インデックス・コミュニケーションズ

浜口直太氏は日本のフォレスト・ガンプと呼ばれた男だ。

小学校では、掛け算がなかなか覚えられず、学年で最後の一人となってしまった。
漢字も覚えられず、小学校の高学年になっても、ずっとひらがなで通していた。
奇跡的に入った高校でも最下位を続けていたが、
なんと最後のチャンスと米国に留学してから人生が変わった。

アメリカの大学を卒業し、米国で国際経営コンサルティングの会社を設立し、
数十社の役員を兼務する国際コンサルタントとなった。

信頼をなくす人は、大きな失敗とかではなく、日常のささいな出来事で失うことが多い。
例えば、手紙やメールの返事がないとか、ご馳走してもいつもお礼がないとか、
小さな金銭の貸し借りにルーズであるとか、だ。

人の信頼を得るには、「小さなことを大事にすること」
小さなことをないがしろにする人は、大事(だいじ)もいい加減にする人だろうと見られてしまう。

日頃の行動がいい加減なのに、分不相応に大きなことを言う人は信用されない。
ただのほら吹きの夢想家、といわれても仕方がない。

大きな仕事をなしえたような一流の成功者は、驚くほど小さなことに気を使う。
取引相手を喜ばせようと、接待のときの席次であったり、
料理内容であったり、お酒の種類にまで神経を使うことがある。


「大事をなさんと欲せば、小さなる事をおこたらず勤(つと)むべし」とは二宮尊徳翁の言葉。
いわゆる、小事の積み重ねが大事となるという、「積小為大(せきしょういだい)」の精神だ。

どんな小さなことにも、手を抜かず、コツコツと真剣にやり続けたい。



人の心に灯をともす 一覧へ戻る